被ばく列島放射線医療と原子炉 (oneテーマ21)

  • KADOKAWA/角川学芸出版
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784046534262

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 脱原発のカリスマ小出氏と、放射線治療の専門家である西尾氏の対談形式による本。西尾氏による、内部被ばくに関する説明は理を得ていると感じた。

    西尾氏は、内部被ばくも含めた全ての被ばくを全身で均質的に被ばくする前提で議論する事に対して、実際の放射線治療で放射線源が局所的に露出される患部だけに作用されることを例に出して反論する。すなわち、原発事故由来の放射性物質が実際に体内に摂取される場合には、その物質が直接的に接する箇所が局所的に被ばくするのであって全身均一的にモデル化するのは間違いだ、としている。

    放射性廃棄物の処理方法方法については、両著者は未解決との主張をとる。また、西尾氏は全国150ヶ所の医療機関に配備されている小型加速器「サイクロトロン」が、いずれ耐用年数を過ぎたら放射性廃棄物となることについても問題提起している。

    本書が言及する内容の多くは国内イシューであり、新興国で多くの原発建設が予定されていることや、特に、中国の石炭火力発電を原子力発電に転換することで大気汚染が軽減されるメリットがある点などには言及されていないことは物足りない。

  • 請求記号:493.19/Koi
    資料ID:50077289
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1949年、東京都生まれ。東北大学工学部原子核工学科卒業後、同大学院修了。1974年4月から2015年3月まで京都大学原子炉実験所助手・助教。一貫して「原子力をやめることに役に立つ研究」を行い、反原発運動の理論的支柱として活動してきた。著書に、『原発のウソ』(扶桑社新書、2011年)、『放射能汚染の現実を超えて』(河出書房新社、2011年)、『隠される原子力 核の真実』(創史社、2011年)など。

「2015年 『「走る原発」エコカー 危ない水素社会』 で使われていた紹介文から引用しています。」

被ばく列島放射線医療と原子炉 (oneテーマ21)のその他の作品

小出裕章の作品

ツイートする