チョコレート・コンフュージョン (メディアワークス文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016年2月25日発売)
3.39
  • (32)
  • (77)
  • (81)
  • (27)
  • (12)
本棚登録 : 974
レビュー : 102
  • Amazon.co.jp (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048657563

作品紹介・あらすじ

がんばり過ぎて、疲れた時に。笑えて泣けるラブコメ小説!

バレンタインすら残業の、仕事に疲れたOL千紗。お気に入りのヒールが折れ、まさに泣きっ面に蜂。そんな千紗を救ったのは、理想の王子様――ではなく、凶悪な目つきから社内で「殺し屋」と恐れられる龍生だった。
千紗はお礼のつもりで義理チョコを渡すが、勘違いした龍生に交際を申し込まれてしまう。
「断ったら殺される!?」
命の危険を感じた千紗は、偽の恋人になることに。だけど強面の龍生が提案してきたのは、なぜか交換日記で!?
凶悪面の純情リーマン×がんばり過ぎなOLの、涙と笑いの激甘ラブコメ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 忘れてました。こんなキュンキュンするような事。
    どんだけ勘違いするんだと、突っ込みながらも、クスッと笑えるラブコメディー。
    素直に、楽しかったです!

  • お友達に勧められて読んでみました!
    さくさくと、楽しく気楽に読めて、軽いラブコメ好きにはたまらなかったです。コミカライズがあるらしく納得!マンガのようなテンポの小説だなと感じました。
    また、個人的にヒロインちゃんの恋の表現、"仔猫"が可愛くて好きでした。

  • 頭空っぽにして読めるラブコメ。

    コメディが多く、世界観に慣れるのにちょっと時間かかった。少女マンガみたいな感じ。

    自分が仕事にやる気を失っている今、主人公の千紗(同い年)がバリバリ働いてて、自分しか今の部署回せないって責任持って仕事してる姿が素敵でえらいなーって(人ごと…笑)

    あとゆとりを持つことって大事。
    何がきっかけかは人それぞれだろうけど、千紗が北風さんのことを好きになり始めて仕事のゆとりができたと同じように、私もプロポーズしてもらって心にゆとりできたもんな〜〜
    でもちょっとそれ今忘れかけてるから、またあの時の思いを思い出さんと。。笑


    もっとイチャイチャを想像して欲していたのでちょっと物足りない!

  • 笑った!なんかバカバカしいような、でも登場人物たちは大真面目。久しぶりに小説読んでわらったなあ漫画みたいだった。


  • 読みやすく、一気に読めた。

    少し展開に無理があるような気がした。

  • 勘違いから始まる恋があることに驚きました。
    キャラが全く違うふたりの恋愛がおもしろかったです。

  • 途中まですごいダラダラした感が否めないw結末はわかるしね。 でも、中盤の後半くらいからはちゃんときゅんきゅんできて個人的にはわりと満足!

  • 若い人向けのライトノベルという感じで、サラッと楽しめました。


  • とっても可愛いお話。
    登場人物がいい人ばかりなので清々しくきゅんきゅんできる。数時間でさらっと読めてしまうけど、チョコレートみたいに甘い余韻が残る一冊。

  • チョコレート・コンフュージョン / 星奏なつめ [著]
    https://libopac.shoin.ac.jp/opac/opac_link/bibid/SB00036380
    ====================

    バレンタインに起きた事故がお仕事一直線OL千紗の運命を変える!?
    胸キュンラブコメ!

全102件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

第22回電撃小説大賞にて《メディアワークス文庫賞》を受賞し、『チョコレート・コンフュージョン』にて作家デビュー。

「2020年 『大凶ちゃんと太陽くん #誰かじゃなくて君がいい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星奏なつめの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下奈都
坂木 司
恩田 陸
村田 沙耶香
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

チョコレート・コンフュージョン (メディアワークス文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×