青空モーオー! (ジュニア文学館)

著者 :
  • 学研プラス
3.62
  • (2)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 59
感想 : 7
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (113ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784052052996

作品紹介・あらすじ

夏休み、都会に住む小4の陸は、いとこが働く牧場に行くことになる。家族とはなれて、1週間、自然の中での、牛や牧場の人たちとくらす……さあ、どんな体験が待っている!? 陸にはある悩みがあったのだけれど――!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 家族と離れていとこの牧場で過ごす7日間の物語。たった7日、されど7日。主人公の心は大きく成長する。

  •  夏休みになり、陸はいとこの大ちゃんに誘われて、大ちゃんが働く農場に行くことにした。
     大自然の中、牛たちの世話をしていると学校での嫌なことを忘れることができた。しかし、牛の世界にもいじめがあることを知った陸は、友だちがクラスでひとりぼっちになった時、声をかける勇気が出なかったことを思い出した。

  • 4年生の陸が、夏休みにいとこが働いている牧場で過ごした7日間で成長する物語。作者は酪農家である。

  • 屈託をかかえた少年が牧場での仕事で解放されていく。自分も行ってみたくなる。

  • りくは、やさしいけど、みんなに意地悪されているしゅうくんに声をかけることができなかった。でも、ぼくじょうから帰ってきたら、できるようになった。牛がほかの牛を助けているのを見たから。牛も、かっこいいし、やさしいなって思った。
    牛ってみんな同じかと思ったけど、もようとか、いどうの仕方とか、ミルクの飲み方とか、みんなちがっていておどろいた。
    まりんは、やさしいし、牛をよくかんさつしていて、牛の気持ちがわかるから好き。
    りくは4年生で、ぼくと同じ学年。今まで一人でどこかに行ったことはないけど、ぼくも、ぼくじょうにさそってもらえたら、行ってみたい。それぐらい、いいなと思った。(小4)

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

福島県生まれ。岩手大学大学院農学研究科修了。日本児童文芸家協会会員。宮城県で和牛飼育、水稲、林業を営みながら児童文学やエッセイを執筆中。『チョコレートと青い空』(そうえん社)で第41回児童文芸新人賞&青少年読書感想文全国コンクール課題図書。『あきらめないことにしたの』(新日本出版社)で第2回児童ペン大賞。他に、ノンフイクション『命のバトン』(佼成出版社)、絵本『ゆうなとスティービー』(ポプラ社)、歴史児童小説『仙台真田氏物語』(くもん出版)など多数。近著に『青空モーオー!』(学研プラス)、『はくさいぼうやとねずみくん』(新日本出版社)がある。

「2022年 『Orange 夕ぐれ時のふしぎ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀米薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ラッセル・ホーバ...
佐和みずえ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×