続・パスワードとホームズ4世 -パソコン通信探偵団事件ノート(6)- (講談社 青い鳥文庫)

著者 :
制作 : 梶山 直美 
  • 講談社
3.42
  • (26)
  • (21)
  • (88)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 415
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061484900

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • チビ2号、移動図書館にて

  • 4-06-148490-7 249p 2001・4・23 10刷

  • APK48公式キャラクター【まゆ】がオススメする本ダヨッ!

  • パスワードシリーズ第6弾。
    前作では、まどかが海東家の孫と間違われて誘拐されたが、今作では、その海東家の孫・千波が登場。
    前作に続き、アイザック・ホームズも一緒に、海東家に入った泥棒の謎解きや、海東家の隠し財宝の謎解きなどが楽しめました。
    千波の話、レイが一人で解いている謎、探偵団が力を合わせて解いている謎が最後に一つに結びつく辺りは、読んでいる側はわかっているのでそこまでのもどかしさが解消されてすっきり。
    個人的には海東家の隠し財宝の謎解きが面白いと思いました。

  • 前作の続き。アイザックのまだまだ出てきます。まどかのそっくりさん千波や、ジュゴン事件、
    今回はパズルよりも事件

  • その名の通り続編。
    面白いぜッ。
    如何せん、キャラが弱いなあ〜。

  • アイザック…どうしても好きになれなかった。

  • あ、これはそんなに嫌いじゃなかったかも。

  • 前作『パスワードとホームズ4世』の続き。
    あの物語は終わっていなかった!
    アイザックとの関係はどうなるの?
    続きがきになるパスワードシリーズ第6弾。

  • むずかしくて意味がよくのみこめなかった。けど最後が面白かった。

全14件中 1 - 10件を表示

松原秀行の作品

続・パスワードとホームズ4世 -パソコン通信探偵団事件ノート(6)- (講談社 青い鳥文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする