おブスの言い訳

著者 :
  • 講談社
3.06
  • (0)
  • (2)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062122825

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者曰く、大人には、①女性(お姫様)②男性、そして③オバの3つの性があるそうで、アラサー女性以上が③のオバ化しない為の本である。
    オネエ口調で書いてあり、テンポ良く読める。友達と雑談していたらあっという間に時間が過ぎていた、というように、あっという間に読み終えてしまう。
    しかし、その内容は軽い感じの口調とは裏腹に、非常に心に刺さりギクッとしてしまうものが多い。
    最後の章にはお悩み相談が書かれてあるが、お悩みを相談している人の本性を見透かしている感じが、なかなか鋭い指摘だなと思う。

  • 長女出産時に同期からのプレゼントで貰った本の1冊。

    さすがに1~2時間おきに授乳してた時にはホンマに外見とかどうにもならんかったけど、小3&年長になってるし再読してもいいかも。

  • オネエ系で有名なファッションコメンテーターのコラム集。
    「MINE」という雑誌に掲載されていたもので、ターゲットは30代ミセス。
    ようするに「オバサン化」しないための指南書らしい。

    既婚女性向とはいえ、独身女性が読んでも納得の内容。
    (もちろん独身女性には関係のない話もあるけど)

    女はいくつになっても(年を重ねたからこそ)外見に気を使うべき、とか、
    ありがちな内容ではあるけれど、オネエ独特の文体で楽しく読める。
    2004年出版なので、トレンドに関する記述は無視するほうが賢明だけど、
    それでも女性の見た目として基本的なことは変わらないはず。

    個人的にはメンズライクな時計と華奢な時計、それぞれの特徴を
    女性の生き方にあてはめたところが印象深かった。

  • 女性、男性、オバ
    いつまでも姫な女性でいる為の30代マダム向け指南書

    ワタシは女優!

全5件中 1 - 5件を表示

植松晃士の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×