サイコメトラー(15) (ヤングマガジンコミックス)

  • 講談社
4.06
  • (7)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 89
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063825268

作品紹介・あらすじ

週刊少年マガジンの大ヒット作品が、ヤングマガジンで大復活!!主人公の明日真映児(あすまえいじ)は、ダブリの高校三年生。警視庁捜査一課の女刑事・志摩亮子(しまりょうこ)の依頼を受け、ある特殊能力を使って何件もの凶悪な殺人事件を解決してきた。そして、また、東京・渋谷で連続殺人事件発生。遺体には、ある痕跡が残されていた。志摩は再び映児に連絡し、共に連続殺人犯を追う!!

エイジはネット掲示板で、ブラック・ゴートと名乗る者による「40時間後に大量殺人を行う」との書き込みを発見する。さらに「渋谷で女性を殺害した」との犯行声明が出される中、実際に事件がニュースでとりあげられる‥‥。犯人は作中何度も出ていながら、全く疑いようもない意外なる人物!! ブラック企業の暗部をえぐる!! 「黒い山羊(やぎ)」編、完全収録!! あのデブで変態なコスプレ好きのみっちゃんが主役で教師!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大好きな作品『Eiji』がまさかの復活
    時代考証はグダグダでしたが、現代文化を取り入れて
    中高生にも楽しめるようアップデートされていました。

    表現規制により若干マイルドになったものの、
    21世紀になって浮き彫りとなった社会問題や精神事情に合わせた
    新たなトラウマたちが狂気となっていました。

    反面、リーグ周りの展開は当時の「チーマー」を
    いい感じに現代訳できなかったのか
    反社予備軍として描かれていました。

    9Jとの決着も進まずに連載凍結。
    忙しいキバヤシはもちろん、
    作画も『マイホームヒーロー』にかかりきりの模様です。

    事件パートはとても楽しく読めました。
    いつか来るであろう最終章次第では加点します。

  • まだ幾島との事とか終わってないから続きをお待ちしております先生( ;‪ᯅ; )

  • 黒い山羊の犯人みたいな人がたくさんいると思うとイヤになる。
    学生運動の生き残りの高齢者がテロをやる話と同じくらいには好き。

  • 私がこの漫画を、第一部の時から好きな理由には主人公であるエイジが能力を支える心や、単純な腕っ節が強い点、凶悪犯に迫っていく過程のハラハラ感、志摩さんとの関係性、たまに挟まれるギャグ回の威力の他に、発生する事件が異様な真実味、リアリティを帯びているってトコがある
    濃厚な取材を行っていなければ、こうも、読み手にフィクションと割り切らせながらも、「現実に起きちゃっても不思議じゃないよな、こんな事件が」と思わせるストーリーは組めない、と私は思いながら、読んでいる
    今回の『黒い山羊』編は、特に現代社会の闇を深く大きく濃く切り取っており、思わず、背中に寒いモノが一気に走った
    殺人は決して許してはいけない行為であるが、今回の犯人、ブラック・ゴートはブラック企業に大事な人間を無慈悲に奪われており、ほんの少しだが、同情してしまいたくなる背景を持ってしまっている。そんなドラッグや歪んだ思想からではなく、血も涙もない個人や集団に傷つけられ、未来に希望を持てなくなった、いや、希望を奪われた人間が凶行・復讐に走ってしまうやるせなさもまた、この作品の魅力と言えるだろう
    身も蓋もない言い方になってしまうが、ブラック企業が現代社会から駆逐される事は今後、どんなに就労状況が法律で改善されても、決してないんだろうなぁ
    何と言うか、毎日、キツいなぁ、と思っちゃいるが、私の会社はまだマシ、と思わされたシリーズだった・・・・・・
    この台詞を引用に選んだのは、ともかく、衝撃的だったから

  • これは…堪えるな。

  • うーん、今回の事件に関してはイマイチですかね。
    題材は、最近話題になりやすい掲示板を使った書き込みとその方法、それから周りの盛り上がりだったりといった背景が書かれ、内容は地下鉄サリン事件のまま。
    中には思い出しくないこともあるでしょうし、教訓が多少は生かされているとは思います。
    そして、時代背景はブラック企業。
    ちょっとネタギレ感が否めないですが、頑張って欲しいです。
    昔の時代の変質者殺人のが楽しかったな。
    あと、ミツコネタは番外編でいいです。本編にちょい役いらないw

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

サスペンス漫画、社会派漫画を中心に発表している。原作付きの作品が多い。代表作:『サイコメトラーEIJI』『クニミツの政』『シバトラ』(3作品ともに安童夕馬原作)他。
『クニミツの政』で2003年(平成15年度第27回)講談社漫画賞少年部門受賞。現在「週刊ヤングマガジン」で『サイコメトラーEIJI』の続編『サイコメトラー』を連載中。

「2015年 『新装版 サイコメトラーEIJI 元祖・みっちゃん登場編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

朝基まさしの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×