ツバサ(24) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.65
  • (61)
  • (74)
  • (146)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 1256
感想 : 34
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063840087

作品紹介・あらすじ

こことは違う別の世界にある国、玖楼国。そこである日、謎の遺跡が見つかる。玖楼国の姫・さくらがその遺跡に足を踏み入れた時、謎の光とともに、さくらの記憶が羽根に形を変えて様々な次元に飛び散ってしまう。さくらの幼なじみの少年・小狼はさくらを救うため、次元を超え羽根を探す旅へと出発する!!

二人の小狼の激闘は終わり、「写身」のさくらは消え、もう一人のさくらは飛王の配下の手で何処かへと連れ去られてしまう。その後、“次元の魔女”の口から、さくらに関する衝撃の事実が明かされる! 二人のさくらを救うと決意した小狼は黒鋼、ファイ、モコナとともに連れ去られたさくらの後を追って、飛王の待つ玖楼国へと旅立つ!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 玖楼国へもどってきた小狼たちは、この国の人びとがくり返す時間のなかで生きていることに気づき、さらに自分たちの行動のために彼らが世界から消えてしまうという残酷な真実を知らされます。それでも小狼たちは前に進むことをえらび、遺跡へと向かいます。

    後半は、小狼とさくらの7歳のときの出会いの回想です。このあと二人に待ち受けている運命は残酷なものですが、少年・少女時代の川合らしい二人の姿に心を洗われるような気分にさせられました。

  • 時間の止まった街で小狼が言っている「進まない時間は死と同じ」がラストの展開に掛けてあるのかな。

    小狼が侑子さんと同じ世界こら来たとはびっくり。でも何で異世界に行くなんて大変なことを、そんなにあっさり決断出来たのかがわからない。この小狼がどんな風に育ってきたのかがわからないから、いまいち納得できない。

  • 少年マガジンコミックス

  • 最終章の始まり・・

  • 訳わからなさMAX! 皆わかる? 私がアホなの?

  • 桜が可愛すぎてヤバい

  • 『日本国』を出発し、飛王の待つ玖楼国へ。
    いよいよこの旅の始まりの核心へ迫る。
    『切り取られた時間』がすごく切なかった。

    カードキャプターさくらともリンク?

  • 日本国-玖楼国-小狼の過去

    Chapitre183 砂の世界
    Chapitre184 切り取られた時間
    Chapitre185 繰り返す時間
    Chapitre186 進まない時間
    Chapitre187 願いの報い
    Chapitre188 あの日の遺跡
    Chapitre189 受け継がれし覚悟
    Chapitre190 世界を知る者達
    Chapitre191 七日間の約束

    184話の扉絵と、180話の扉絵の対比が悲しい。

    大人組のやりとりはほんとによいですなぁ。

    願いを叶えるために、その報いを受ける覚悟を固めるってのは、写し身サクラも東京でやっていたな。

    ちっちゃいサクラちゃんかわいすぎる!!ああやって散々転んで、あのひらひらした服を着こなせるようになったんだねww

    小さいサクラちゃんと小狼マジ天使

  • 一気に混乱モード。
    サクラ(クロウの娘)とさくら(藤隆の娘)。7歳のお祭りでのできごと。
    あの日、以降のさくら。
    謎が深まります。

    飛王が生き返らせたいのはクロウかなあ、とか、
    さくらと小狼の息子がワタヌキ君なのかなあ、とか、いろいろ考えてるけどたぶん見当違い。

  • Thanks to I.N.

全34件中 1 - 10件を表示

CLAMPの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×