おおきく振りかぶって(27) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.14
  • (54)
  • (54)
  • (31)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 760
感想 : 42
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063881547

作品紹介・あらすじ

球速アップを焦るあまりに挑んだフォーム改造が裏目。驚異の制球力を失った三橋は秋季県大会を強豪・千朶高校相手に力を出し切ることなく終えた。そして、試合が終われば高校生。中間テストを間近に控えた部活動休止期間、三橋や阿部は田島らと誘い合って自主練に励む。テスト勉強、自主練にと、試合が終わっても西浦ナインは毎日くたくたで充実の日々だ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • バランスと名前呼び。本当に田島のうちに行っている。故障防止にバランスよく身体を動かすって理に適ってる。花井避けてるけど、そのうちアズサよびされるで。みんな仲良しさんみたいでなんかうれしい。

  • 学校で
    部活で
    それだけで見せているのとは
    別な顔がある
    当たり前だけど
    それが少しだけ
    染み出してくるのが
    なんか面白いね。
    人間関係って
    そういうところからも
    そこだけで止まらない関係が始まる

  • 〈テスト期間中で部活休み、田島宅で練習〉

    名前呼び始める(まだまだぎこちない)

  • 名前呼びの巻。高校生の本業は勉強。でもやっぱり試験前でも身体を動かしたいメンバーは田島の家へ。中休みの話といえばそうだけど、故障とトレーニングの話なども含めて気になる話題の多い巻。

  • 試合シーンなし。ひたすら練習して勉強してメシ食って寝て、
    徐々にチームメイトとして親交が深まっていく西浦ナインたち。
    こういう、いわば舞台裏のシーンをきっちり描いて、
    ちゃんと面白いところがすごいですね。
    何だかんだ言ってまだ1年生。この先の彼らが楽しみです(´ω`)。

  • コミック

  • おお振り再熱。
    高校生男子にある、あだ名呼びとか名前呼びが一年の夏過ぎてやっと来るのかと。
    あんだけみんな部活でいっしょにいるのに!
    それだけ野球に夢中ってことなんですかね( ´ ▽ ` )

    田島かわいいよ田島。

  • 球速アップを焦るあまりに挑んだフォーム改造が裏目。驚異の制球力を失った三橋は秋季県大会を強豪・千朶高校相手に力を出し切ることなく終えた。そして、試合が終われば高校生。中間テストを間近に控えた部活動休止期間、三橋や阿部は田島らと誘い合って自主練に励む。テスト勉強、自主練にと、試合が終わっても西浦ナインは毎日くたくたで充実の日々だ!(Amazon紹介より)

  • ストーリーの面白さに加えて、勉強になるコミック♪
    テニス肘、かかった者として改めてよくわかりました。
    モモカンのパパ、すごい知識だ!
    そして田島家。本当に大家族だねぇ。
    彼らとの関わりが野球部メンバーに良い刺激を与える。
    全巻は負け試合でしんどかったけど、
    明るい兆しがあちこちに出てきて、楽しかったです。

  • バランスの大切さ。

全42件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

埼玉県さいたま市出身。
法政大学文学部を卒業。1998年、ひぐちアーサー名義でアフタヌーン四季賞を受賞し、デビュー。
現在、「アフタヌーン」にて『おおきく振りかぶって』を連載中。同作品で2006年第10回手塚治虫文化賞・新生賞、2007年第31回講談社漫画賞・一般部門を受賞。

「2022年 『おおきく振りかぶって(36)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ひぐちアサの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×