私たちはどうかしている(8) (BE LOVE KC)

著者 :
  • 講談社
3.79
  • (3)
  • (6)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 126
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065140420

作品紹介・あらすじ

新章開幕。光月庵の火事から10ヵ月。意識不明の重体だった椿もようやく回復。行方がわからない七桜を探し回るが、一向に見つからず焦燥感だけが増してゆく。そんな椿のもとに足繁く通ってくる長谷屋の栞は、ある決意を胸に秘めていた。一方、傷が癒えた七桜もまた多喜川の力を借りて立ち上がる。背負わされた重い運命は、愛と復讐の歯車を思わぬ方向へと導く!!

新章開幕。光月庵の火事から10ヵ月。意識不明の重体だった椿もようやく回復。行方がわからない七桜を探し回るが、一向に見つからず焦燥感だけが増してゆく。そんな椿のもとに足繁く通ってくる長谷屋の栞は、ある決意を胸に秘めていた。一方、傷が癒えた七桜もまた多喜川の力を借りて立ち上がる。背負わされた重い運命は、愛と復讐の歯車を思わぬ方向へと導く!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • さくらとあのおっさんはどういう関係になってんのかな。
    だんだん栞に寄り添おうとしていく椿に切なさを感じる。やめて。
    そして椿、目の前にずっと探していたさくらがいるのにーーー。

  • 火事から月日が経って、光月庵も随分と様変わりしてた。
    七桜も東京での修行を終えてついに金沢に店をだす。
    五月雨亭のお菓子で光月庵と七桜の花がすみは対決してお菓子は花がすみに決まる。

    次の新春園遊会のお菓子対決の日、椿と七桜は鉢合わせするが、椿には七桜が見えていない??
    もしかして、火事の後遺症なのかな。
    すごく不憫すぎる。。

    目が見えないって職人として致命的では…

    それにしても栞の椿への愛はより深いものになってる。一途だな。七桜のライバルなのになんとも憎めない…

    9巻待ち遠しすぎる!

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

代表作に『十二宮でつかまえて』『ARISA』『キッチンのお姫さま(原作/小林深雪)』など多数。現在「BE・LOVE」にて『私たちはどうかしている』を大人気連載中。『私たちはどうかしている』は2020年夏に日本テレビ系にて、浜辺美波、横浜流星のW主演でドラマ化。

「2020年 『私たちはどうかしている テレビドラマ化記念 1巻~3巻お買い得パック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安藤なつみの作品

ツイートする
×