桜のような僕の恋人 (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
4.02
  • (1044)
  • (962)
  • (598)
  • (136)
  • (37)
本棚登録 : 14008
感想 : 877
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087455489

作品紹介・あらすじ

カメラマン見習いの晴人と、新米美容師の美咲。恋に落ちた二人だが、美咲は人の何十倍もの早さで年をとる難病を発症する。しかも、治療法はないと告げられ……。切なく哀しいラブストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 文章が簡単で読みやすく、情景が頭の中にすっと浮かぶ。
    あまり本を読まない人でも読みやすいと思う。

    序盤は晴人がかわいくて読みながら顔が綻んでしまった。
    かわいい純愛。ケンティの笑顔が浮かんだ。映画も観たい。

    病気が分かってからの美咲の言動はとても切なくて悲しいが、気持ちはすごくよく分かった。
    そりゃやっぱり自分の変わり果てた姿は見せたくないよ。
    公園での再会はつらく切なかったけど、やっぱり美咲と同じく少しホッとした。

    読み終えてから早老症について検索してしまった。
    早老症自体は実在する病気だが「ファストフォワード症候群」という名前は出てこなかったので、架空のものなのかな?



  • カメラマンを夢見て上京した晴人だが、夢の世界は厳しいもので、激務に追われて仕事を辞め、現在はフリーターだった。

    そんな晴人が訪れた美容院で、新米美容師の美咲に出会う。
    一目で彼女に惹かれていった。
    彼女をデートに誘おうとソワソワする晴人だったが、彼女に髪の毛をカットされている時に事件が起きる(笑)

    そのおかげで彼女とのデートに漕ぎ着けたわけだが、夏頃から彼女の様子が変わっていく。

    晴人には伝えていなかったのだが、美咲は人の何十倍もの速度で歳を取る難病を患っていたのだ。


    春夏秋冬で綴られる彼らの物語だが、冬に入った途端に涙無しでは読めなくなってしまった。

    こんなにポロポロ涙が溢れるくらい泣いたのは何時以来だろう?

    ページを捲る度にポロポロ、ポロポロ、私女優かよ!?と思うくらい溢れ出してしまう。

    この本は、古本屋さんで購入したものだが、冬に入った途端、ページの隅が水に濡れたようにうねっていた。
    きっとこの本を読んだ前の方も、このページを涙無しでは読めなかったのだろうと思う。

    感情マックスで泣けるって素晴らしい。
    今日はリビングに誰も居なかったから思う存分泣けた(笑)

    気分スッキリ(*^^*)

    最近テレビコマーシャルしているネトフリ。この作品ですねー。ちょっと見てみたいかも(^^
    )

  • ようやくスタイリストに昇格できた、美容師の有明美咲。
    その彼女に一目惚れした、朝倉晴人。
    晴人の強引なアプローチで、二人は、付き合うことになる。
    晴人は、諦めていたカメラマンの道を再び歩み出す。

    二人の交際は、順調に進んでいるかに見えたが、ある日、美咲に体調の変化が現れた。

    ファストフォワード症候群と言う、人の何十倍の速さで年老いる難病の症状だった。

    初めは、コミック的で、合わないかなと思われたが、読み進むうちに、引き込まれていった。

  • とにかく泣ける本。
    でもあまりにも切ない(´∵`)
    図書館で読んでたから泣きそうになって大変だった…。

  • このタイトルにした意味がよくわかる。
    苦しくて、切なくて、とても綺麗な話だった。
    けど、これ以上は感想が出てこないかな。
    読んでて嫌な気持ちになることはないが、個人的には少し軽かったような気がする。

    映画観てみます( ´∀`)

    映画良かったです。
    原作→映画がやっぱりいいですね。
    原作でしかわからないところ、映像だから見えるところ、それぞれの良さがしっかりあったように思います。

  • カメラマン志望の青年と美容室アシスタントの女性との恋と。
    春夏秋冬を経て移り変わる2人の行方を描いた作品。
    始めはどこにでもありそうなカップルの甘酸っぱい時間。
    ただ、彼女の体に少しずつ異変が表れてきて。
    とにかく切なく哀しい物語でした。
    様々な人物の視点から残酷な現実に葛藤する姿が描かれていて。
    心打つ作品だったと思います。
    ただあまりに切なすぎて、自分的には2度は読めないかも。

  • 新米美容師の美咲、美咲に髪を切ってもらうことになったことをきっかけに恋に落ちた晴人…美咲の言葉でカメラマンの夢に再び向き合うとともに、いつしか2人は恋人同士に…そんな2人の前に美咲の難病が立ちはだかる…。宇山さんの作品って現実味を感じられないけれど、感情移入してしまって最後には涙し、読めてよかったなって思う…この作品もそうでした!同じ女として、一番輝ける20代前半にこんな残酷な病に冒されるなんて…もうなんとも言えません…。悲しい気持ちと優しい気持ちを両方味わえる作品だと思います。

  • きっと泣ける小説なのだろうと読み進める。カメラマン見習いの晴人と、新米美容師美咲は、美容師と客として知り合う。ありえない出来事で距離を縮める。
    のちに、美咲の難病が発覚、不治の病と知る。治療のすべもなく、怪しいと危惧しながらも遠方の治療院へ連れてゆく兄(一緒に支える婚約者)、その気持ちが痛いほどわかる。家族というものは、何としてでも病気を治すからと出来るだけのことはするものだから。
    ニット帽のくだりでは、やはり泣けた。晴人が後で気づかなかったのを知った混乱と絶望。そこからどうやって立ち直るか。
    人はどんなときでも腹は減るー生きるために腹を満たしてる自分。
    愛する人のいない新しい季節も巡ってくる。それが現実なのだと伝わるのもがあった。登場人物がみな温かくて心に響くものがありました。

  • 春といったら桜、そんなことを思ってこの本を購入して春に読もうとしたのにもう夏になろうとしてる。

    the恋愛小説を久しぶりに読んでやっぱり恋って人を変えるなぁと染み染みしながら読んだ。
    夢とか勇気は生きていくのには必要ではないけどあるに越したことはないし、それがあるだけで人生が変わる。好きな人のためには何だって頑張れるし、頑張りたいと思えるのが、人間だなと思った。
    美咲の病気が進行して晴人とすれ違っていく思いや、お兄ちゃんの妹を思う気持ちには何度も泣いた。

    思いはどれだけ時間が経っても「変わらないもの」で、たとえ老いて顔や体が変わっても言葉やそれこそ写真を通して伝わるものなんだなっと感じた。
    とても感動する恋愛物語に出会えてよかった!

  • 本屋で初めて見かけた時から気になっていて、古本屋でも見かけたので手に取った小説。

    初めて本でこんなに号泣した気がする。切なくてどうしようもない気持ちになるけど、後味は悪くない。こんなに純粋でまっすぐで濁りない恋愛がしたい。大切な人を想うって素敵だなと改めて思った。人気な理由が分かる小説でした。

全877件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1983年生まれ。神奈川県出身。脚本家、小説家。ドラマ脚本に『信長協奏曲』『スイッチガール!!』『主に泣いてます』、映画脚本に『今夜、ロマンス劇場で』など。書き下ろし小説『桜のような僕の恋人』がヒット作となる。

「2018年 『君にささやかな奇蹟を』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宇山佳佑の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×