イエスタデイをうたって 5 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.69
  • (41)
  • (52)
  • (98)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 693
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・マンガ (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088772554

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 蜀崎ェュ縲ょ酔邏夂函縺ョ邨仙ゥ壹→縺九?∬х蠖ケ縺ョ螟ァ蟄ヲ髯「騾イ蟄ヲ縺ィ縺九?√f縺」縺上j縺ィ縺?縺代←繝槭Φ繧ャ縺ョ荳ュ縺ョ譎る俣繧る?イ繧薙〒繧九s縺?縺ェ縲

  • うーん、リクオさんのハルへの対応冷たすぎませんか?w
    毎日、とは言いませんが、健気ですよね。もうちょっと・・・ってもあまり相手にしないのもリクオなりの優しさなのかもしれませんが、そこまで考えてなさそうです。
    そして、ハルよりも先にカフェバーオーナーの二人の方が展開しそうです。あと、シナコと浪。やっぱ兄弟ですし、体格も似てくれば姿や形も似て見えるんでしょうね。
    まだまだ、勇くんのことがいっぱいなシナコには浪を見るだけで思い出し、辛い状態になってしまうなら、それを克服しようとしているシナコには浪の存在がきついのかもしれませんが。
    彼女は彼女なりに色々考えて、リクオを思ってくれてますが、それが今後、勇の代わりに、忘れるためにならなければいいなーと思います。

  • 突然冬目景マラソンしたくなって取り出してきたので登録。キャラの目が少し離れがちになってきてるんだけど、それこそが可愛さの秘訣(何故か)だったりするので、ますます榀子かわいいよ,かわいいよ榀子。その分幼く見えるんだけどね,1巻当初と違って,デコも広いし。

  • "恋人たちの予感"との章題が示すように、
    徐々に徐々に、本当にゆったりと距離を縮め始めた二人。

    - もう逃げてばかりはいられない、ごまかしもできない

    ちなみに"青春の蹉跌"高校生カップルの近未来は『ももんち』にて。
    こういうクロスオーバーは、結構好きです。

  • ああっ。イライラする。同時に、ピュアだったころを思い出す。だから癖になるのか。

  • 違わないって。

  • ちょっと話が動いただけで星5つ付けちゃうって……、とは自分でも思うのですが。くそっ。

  • 一方が踏み込めば、もう一方が引っ込んで、結局間合いは変わらない。
    だけど全体としてはじりじり前進してる第五巻。
    浪君すごいな。だからって訳でもないが、木品子の気持ちもわかるような気もするけど、共感したくない気持ち。

  • ¥105

  • いまこうやって検索していて、「ハルちゃんのフィギア付きなんてのも売ってたのね!」と驚いた。見たい…。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1993年、「アフタヌーン」での四季賞受賞を経て、「モーニング増刊OPEN」で『黒鉄』の連載を開始。現在、『イエスタデイをうたって』(ビジネスジャンプ)、『幻影博覧会』(コミックバーズ)、『ももんち』(ビックコミックスピリッツ)を連載中。2008年7月より「アフタヌーン」で『アコニー』を連載再開。

「2016年 『新装版 LUNO』 で使われていた紹介文から引用しています。」

冬目景の作品

イエスタデイをうたって 5 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×