ワールドトリガー 10 (ジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.31
  • (60)
  • (45)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 608
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088803326

作品紹介・あらすじ

キューブ化された千佳を守りながら、基地の手前に辿りついた修。しかしあと一歩のところでハイレインとミラに襲撃されてしまう!! 修を援護するため、遊真や仲間も奮闘するが!? 大規模侵攻編終幕!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • "「どうしてなんだろうと思ってたけど 今日のあなたを見て少しわかった
    ボーダーに入ってからのあなたは 「自分のやることを見つけた」って顔してる
    ……好きにやりなさい あなたの人生だもの
    ……でも 本当に嫌になった時は私に言いなさい 首に縄かけてでも引き戻してあげるわ」
    「……ありがとう 母さん」"

    ここで修くんの隊員になるまでの経緯が少し明かされて、その行動力のすごさというか顧みなさというかヤバさというかそういうのが見えるのが良いな。生身でのあの行動の後で明かされるというのがまた。
    眼鏡をかけてない修くんがすごくかっこよく見える……誰だお前は……。

  • 修……!修がかっこよくて……!!キャラの成長を感じられる作品って、いいなあ。

  • やー、面白い。
    大規模侵攻がおわり、後始末があり、次に向けてのランク戦。
    やーー、修がカッコイイ。汗をかかない修がカッコイイ。
    修母は足を引っ張る系かと思いきや良いお母さんだった。
    棒だ、棒もってこい!

  • 城戸さんがまさかの映画好き……。おまけについてたワートリ最初期ボツネームのフルフェイスは再登場してほしい。

  • 実力派エリート迅は読んだはずだけど、もう一度読んでみたい。
    どこかに収録されてるのかしら。

  • 大規模進行編終了。そしてB級ランク戦開始。ユーマとオサムの関係性とても好き。ここから上を目指す戦いが始まる。

  • -

  • レプリカっ……!
    そして組織の大人って汚い。メガネどこまで戦える?!
    さてボーダーのランク戦が始まりました。どこまでいけるかな!

  • 10巻読了。
    人形ネイバー達の侵攻が一旦の集結を見せた後なので、ランク戦はすこし緊張感が緩和された息抜きな感じ。HUNTERXHUNTERのバトルタワーをどうしても思い出してしまう。まあ、こういうバトルものにとって修行シーンは重要ですから。

  • 3つの盛り上がり展開があって感想難しいですw
    アニメだと修が寝ずに頑張って戦略を考えてたシーンがあったんですが、アニオリだったのかな?すごくあっさりランク戦が始まりましたねwアニメもオススメです。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

葦原大介(あしはら だいすけ)
1981年、東京都生まれの漫画家。岡山県育ち。高校卒業後はアルバイトをしていたが、第75回手塚賞で『ROOM303』が準入選し、2008年『週刊少年ジャンプ』掲載、漫画家デビュー。2009年『賢い犬リリエンタール』で初連載。
代表作に2013年から『週刊少年ジャンプ』で連載開始した『ワールドトリガー』。2014年、アニメ化された。度々の休載を挟んでいるが、2018年、『ジャンプSQ』での連載再開が告知された。

ワールドトリガー 10 (ジャンプコミックス)のその他の作品

葦原大介の作品

ワールドトリガー 10 (ジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする