ゴールデンカムイ 5 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.10
  • (93)
  • (127)
  • (59)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 1202
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088903255

作品紹介・あらすじ

息を吐くように殺す!! 脱獄死刑囚にして殺人鬼・辺見が見初めたのは…不死身と呼ばれた元軍人・杉元。彼を殺りたい。殺られたい。辺見の歪んだ殺意と愛情が杉元一行に降り注ぐ…。そして、土方歳三の暗躍、第七師団内部の抗争!! 急転! 二転三転四転五転!! 試される大地・北海道で金塊を求め激突する正義と大義の第5巻ッ!!!!!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 以前、仕事で行った北海道でニシン御殿見たことがあったな~。6巻はそのニシン漁が盛んな町が舞台。
    息をするように人を殺す殺人鬼・辺見。
    命を助けてもらった杉元に「殺されたい」と願う辺見。

    って、もうホントすごいラストで…笑った。

    でもって、杉元、白石、アシリパに接触する土方。
    一方、アシリパのチセを尾形上等兵と二階堂が襲撃。
    狙いはマタギの谷垣。

    でもって、のっぺらぼうの正体が判明!?
    まさかの正体はホントかウソか!?

    いや、ちょっと尾形とか二階堂とか登場してきて造反組とか…話が複雑になってきて頭の整理ができん…
    もうすでに登場人物が多すぎて誰が誰と戦っているのかよくわからなくなってきたよ。

    よくわかったこと…
    それはイトウとシャチとクジラはヒンナ!

  • 杉元と死刑囚・辺見の戦い。「それじゃあとことん煌めこうか」からのアクションへの落差が好き。辺見は極悪な殺人鬼ではあるんだけど、そのキャラクター性と生い立ちのせいで憎めないところもあるね。「僕はあくまで必死に抗わなきゃいけないんだ 弟のように」という言葉。助けられなかった弟への罪悪感で、自分も同じように苦しまなければならないって気持ちが、倒錯した拡大自殺的な殺人という狂気に変わったのかなと感じた。

    あと、「命の煌めき」はゴールデンカムイの作品自体のテーマでもあると思う。長く生きるかよりもどう生きるかって部分を強く描こうとしてるところが好き。アニメのエンディングテーマ・THE SIXTH LIE『Hibana』でも「一切の現実も 燃え尽きれば美しい」という歌詞がまさにそのことを歌っていて印象深い。

    中盤からは谷垣と尾形のバトルも熱い!射撃の達人との戦いの切り札が、二瓶の遺した単発の村田銃というのがいいよね。「この勝負…最初の一発で決められなかったことを後悔させてやる」という谷垣の言葉。二瓶の魂も受け継いで戦う姿がカッコいい!フチやオソマのやり取りからも、彼が誠実に村で生きてきたことが伝わってよかった。

    最後に、杉元たちとキロランケの出会い。そこで明かされた衝撃の事実。アシリパを巡るドラマが大きく回り始めていく。

  • これはひどい(褒め言葉)。

    谷垣の主役級の活躍。
    いかれた鶴見中尉のもとにいるが、受けた恩をむげにはしないし、なによりマタギとしてアイヌの人々に親近感を持っているのだろうな。根っこは善人。
    逆に、杉本は善人らしく振舞ってはいるけれど一皮剥がしたら凶暴な顔を見せそうな不気味さがある。白石は気付いている。

    アイヌの伝統を大切にしつつ「イマドキの若者」らしくちょっとしたルール違反をしてみせるアシリパさんがリアルで可愛らしい。

  • ツーブロ尾形かっこよ……
    しかし目に光がなくて怖い。

  • サスペンスグルメ時代劇。グルメ部分で脱力できて好きです。

  •  話は、錯綜しているが、漸く登場人物が揃ってきた。面白い人には、例えば、ぼくのような、面白さが「安心」の領域にたどり着きつつある感じだ。アホパターンと、マジパターンに慣れてきたということかもしれない。
     

  • 白石は味方。
    辺見和雄激ヤバ。
    谷垣vs第七師団の裏切り者。えげつないシーンが多くても笑いもあるから読み進めやすい。
    アシリパのお父さんがのっぺらぼう。
    一同、監獄へ。

  • 辺見のやばさと謎のほんわか感のギャップがおもしろかった。
    アシリパの和名がファンシーでかわいい。ロシア系という設定もおいしい。
    オソマを我慢しているアシリパの顔がやばくてかわいい。

  • あむあむ。はふはふ。
    とんでもない殺人鬼なのにこんな笑うことってある?

  • シャチ!!('p')

    あと谷垣('ω')

全63件中 1 - 10件を表示

野田サトルの作品

ゴールデンカムイ 5 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする