ゴールデンカムイ 30 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
4.44
  • (39)
  • (26)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 628
感想 : 24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088922942

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ページを捲る手が止まらなかった。
    あぁ、どうなる最終巻。
    逃げ切れーアリシパ

  • 鯉登少尉の加筆修正は、鶴見中尉への疑問と彼の真っ直ぐさがグッと増していて最高に良かった。
    ソフィアさんが仲間の名前を叫ぶシーンに切なくなり、都丹さんの静かな最期に涙して、アシリパさんと一緒に感情がグチャグチャ状態に。
    ずっと放置されていた回天丸の主砲が何で使えるのか、本誌では説明されてなかったけれど、こちらも加筆で理由が描かれていてリアリティが増した。
    次で最終巻なのが信じられない…。次巻はどんな加筆がされているのか楽しみ。

  • ・感想
    ヤンジャン無料にて完結。
    ストーリー展開としては一貫性があって楽しかったが、
    最後の方はちょいグダグダ感もあった。味方になったり敵になったりと忙しい。。。
    とりあえず札幌行きたい。

  • 45冊目『ゴールデンカムイ 30」(野田サトル 著、2022年6月、集英社)
    五稜郭防衛線も佳境。あのキャラこのキャラ入り乱れての地獄絵図。圧倒的ハイテンションのまま、次巻クライマックス!来月が待ち遠しい!
    「真の革命家は 大きな愛によって 導かれるんだよ」

  • いよいよラスト前。当然なんだけど、熾烈で緊張感満点のバトルシーンがメイン。でもやっぱり、食事シーンとおバカなやり取りシーンがないのは、ちょっと寂しく思えちゃう。

  • 加筆されてるー。クライマックスまでの疾走感が凄いねー

  • 次巻で最終巻。
    黄金争奪戦の行方はいかに!?
    本誌の無料公開で読み終えたものの、単行本で加筆修正されたものを見ると、深みが増す感じで良い。
    ラストまでずーっと面白い。
    テンポが良くて、ギャグパートもシリアスも、全部最高だった。
    ラストまで余計な引っ張りがなくて素晴らしい。
    反面、もう終わってしまうのか、という悲しみと寂しさに、もっと引っ張ってくれてもよかったのに!と要らぬ文句をつけたくなる。
    もっともっと、ゴールデンカムイの世界を見続けたかった!
    次の巻も待ち遠しい。

  • 加筆されていた鯉登少尉の台詞がすごくよかった…。
    月島軍曹に誘拐事件のことを問いただしたときもそうだったように、どこまでもまっすぐに相手と向き合おうとする人なんだなあとも改めて思いました。

  • ツキシマ⁉︎月島ァ!!!

  • 面白ーーーいッ!!!
    こんな面白い漫画、いつぶりだろう。
    ここ数週間は家事とバイト以外はゴールデンカムイ読んでた気がする(笑)
    次巻で最終巻だなんて名残惜しい、、
    来週のゴールデンカムイ展楽しみだなぁ〜!
    めちゃめちゃ北海道に行きたくなった。北海道は人生で行ったことないんだけども。うん、今年は北海道行き決定ッ!!

全24件中 1 - 10件を表示

野田サトルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×