MASTERキートン (7) (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.75
  • (69)
  • (30)
  • (115)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 612
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091816979

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 蜀崎ェュ縲ゅ″繧後>繧オ繝?ヱ繝ェ險俶?縺ェ縺励?ゅ◆縺?縲∬「ォ繧顔黄縺ィ縺倶ココ蠖「縺ィ縺九r荳肴ー怜袖縺ォ謠上°縺帙◆繧牙、ゥ荳倶ク?蜩√□縺ェ縲∵オヲ豐「蜈育函縺ッ縲

  • なんか、ウェルシュの人はほかのどの辺までからはわからないが少なくともUKの他の皆さんから「妖精扱い」されてゐる臭いと言ふ説がある。
     その童話の作者はちゃんと“ナショナリズム”に基づいて、どっかのお医者さんが探偵の名前―で地元の名士の名前くっつけてシャーロック・ホームズにしたやうに、ウェールズの名前からデビッドボビッドと命名し、うちのガキ向けの話を戦友へも語る。うんうん。

  • 『瑪瑙色の時間』

    「バスの中じゃしゃんとしてるが
    一日の仕事を終えると空っぽだ。
    空っぽどころか今までの人生の失敗が全部押し寄せてくる。
    みじめで
    みじめで…
    みじめで…」

    と言っていた運転手さんがタイチ少年と友達になってから

    「人生の達人はどんな時も自分らしく生き
    自分色の人生を持つ。
    俺ももう一度立ちあがろうと思う。
    自分を哀れんでいる時間はない。
    あの海の色は瑪瑙色だ
    俺たちは瑪瑙色の時を共有している。」

    と語ります。

  • この巻はやはりデビッド・ボビッドでしょう

  • マスターキートンを6巻に続いて読んだけど、
    うーん、なんというか、あっさりと人が死んでいくのが、
    ちょっと怖いところでもあるなぁ。
    1冊の中だけでも、それなりの人数がなくなっているのでは?
    でも、考えさせられるストーリーが多いことは、
    相変わらずでもあるね。

  • 「出口なし」でキートンがハッタリを使いこなすのが面白い。散弾銃が人体を貫通するだとか,銃口に指を突っ込むと暴発するとか,曲がった銃身で発砲できるかとか。
     この漫画で銃器に興味をもって入門したミリオタさんたち,いっぱいいそうだなあ。自身はそこまでいかなかったけど。

  • 人生の達人はどんな時も自分らしく生き、自分色の人生を持つ。
    俺ももう一度立ち上がろうと思う。 自分を哀れんでいる時間はない。

    あの海の色は瑪瑙色だ。 俺達は瑪瑙色の時を共有している。

    (CHAPTER 3 瑪瑙色の時間)

  • デビッド・ボビッドの森

  • 本書をきっかけに、僕は考古学(特に本書の物語の核となる「西欧文明ドナウ起源論」)や東西冷戦構造に、一時期かなり興味を持ったものです。主人公の平賀・キートン・太一の経歴、リアルにありえない〜!と思いつつも、格好良いので問題なし(ただし、たまにおっちょこちょい)。友情と愛情が詰まった最終回は特に名作ですね。

    浦沢作品の中でも特に人物描写が優れていて、登場人物の誰もが魅力的です。

  • 「瑪瑙色の時間」
    「匂いの鍵」
    上質のミステリー。

全11件中 1 - 10件を表示

勝鹿北星の作品

ツイートする