AZUMIーあずみー 12 (ビッグコミックス)

著者 :
  • 小学館
3.22
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784091846259

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小山ゆうさんほどの作家がなぜ、名作「あずみ」を「AZUMI」という形に
    してまでずるずると続けていたのか謎でした。
    しかし、12巻を読んで、なんとなく納得。

    おそらく、小山さんは「あずみ」と「おーい!竜馬」をコラボさせた上で
    あずみが幕末の英雄・坂本竜馬に惚れる姿を描きたかったのだと。

    勝手な解釈ですが、前作「あずみ」では戦い続きで悩み、苦しむこと
    ばかりだったあずみに、普通の少女らしい心温まる家族との触れ合いや
    恋愛をさせてあげるために、描き始めたのがこの幕末編の「AZUMI」
    なのではないかと思いました。
    そう思えば、設定としては若干無理がある双子の兄・駿介の存在も
    納得できます。(双子にしては能力に違いがありすぎるので)
    駿介という存在を通して家族を得られたわけですから。

    あずみほどの女が惚れる男はそうはいないと思いますが
    相手があの、坂本竜馬なら十分ありえると思うし、説得力があります。
    従来の歴史ファンも喜びますしね。

    前作「あずみ」ほど楽しみにしていなかった「AZUMI」でしたが
    小山先生があずみの恋をどのように描いていくのか、楽しみに
    なってきました。
    歴史通りにいけば悲恋しかないのかもしれませんが、願わくば
    わずかでも、あずみに女性としての幸せを感じさせてあげてほしい・・・
    と思います。

全1件中 1 - 1件を表示

AZUMIーあずみー 12 (ビッグコミックス)のその他の作品

小山ゆうの作品

ツイートする