かくれキリシタン: 長崎・五島・平戸・天草をめぐる旅 (とんぼの本)

著者 :
  • 新潮社
4.40
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106022814

作品紹介・あらすじ

この比類なき、奇跡のような信仰のかたち。受難の歴史をのりこえて400年、密かに脈々と信仰を伝えてきた「かくれキリシタン」。美しくも厳しき自然の中で、暮らしに根づいた独自の祈りのかたちを守り育んできた人々を訪ね、貴重な証言とともに、その聖地や史跡を丹念にたどる。各地に残る小さな聖堂も数多紹介。今年登録予定の世界文化遺産をめぐるガイドとしても必携の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読む前にきちんと理解しておかなければいけないこと。
    私が今まで「かくれキリシタン」と思っていたのは、
    ここでは「潜伏キリシタン」とよばれています。

    今月世界文化遺産に指定されたのは「潜伏キリシタン」。
    いっぽう、この本の主役は「潜伏キリシタン」ではなくて「かくれキリシタン」です。

    日本にキリスト教が伝わり、約百年で禁教となりました。
    江戸期の禁教時代に信仰を守っていた人々を「潜伏キリシタン」
    禁教が解けた明治以降も信仰を継続していた人々を「かくれキリシタン」として区別しています。

    潜伏キリシタンの中で、禁教が解けてからカトリックになった人について、ここでは「改宗」とか「復帰」とか言っています。
    禁教が解けてからも継続していた「かくれキリシタン」
    「彼らがカトリックになることなく、かくれキリシタンを続けたのはなぜか」
    「カトリックとかくれキリシタンは何がちがうのか」

    そういうことが書かれている本です。
    とはいえ、日本でのキリスト教の歴史や潜伏キリシタンについてもよくわかるようになっています。

    また豊富な写真を見ると、広い平野ではこういうことはおこらないのだろうな、としみじみ思います。

  • かくれキリシタンをテーマにとった写真と、
    人々へのインタビューが丁寧に纏められている。
    学術的な内容になっているわけではないので
    隠れキリシタンに関して知ることを目的としては
    いけない。この人は、ただそこにいる人々や
    いまはいた人々、いまも残る、もうすでにない、
    そういった風景を切り取っただけだ

    美しいと思う

  • 【新着図書ピックアップ!】厳しい弾圧に堪え、密かに信仰を守り続けた潜伏キリシタン。
    外海、五島列島、平戸、天草、受け継がれてきた祈りの場である教会が紹介されています。
    先頃登録された世界文化遺産を巡ってみてはいかがでしょう。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

写真家。日本の宗教、郷土料理や職人の取材など日本の伝統文化にかかわる出版物の撮影や取材、執筆・講演などを行う。著書『未来へ伝えたい日本の伝統料理』(監修・小泉武夫 全6巻 小峰書店/第12 回学校図書館出版賞を受賞)など。

「2014年 『おーい、フクチン! おまえさん、しあわせかい?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

後藤真樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 雅彦
スティーヴン ワ...
朝井 リョウ
津村 記久子
アンソニー・B・...
エラ・フランシス...
塩田 武士
柚木 麻子
村田 沙耶香
今村夏子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする