名前の暗号 (新潮新書 528)

著者 :
  • 新潮社
2.93
  • (1)
  • (1)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 65
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106105289

作品紹介・あらすじ

AKB 48では、なぜ「子」が付くメンバーが人気なのか? 「彦」は“イケメン”で「隆」は“高度成長”、「美」は“ほめ上手”で「花子」は“ホームレス”……名前に潜む奇想天外な「暗号」を読み解く、日本で初めてのユニークな名前辞典。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読了。

  • 名前に使われている漢字。当然意味があり、その意味を考えてつけないと、とんでもない意味になってしまう。
    その意味では、いまどきの名前は論外。著者が数年後の学生名簿の恐怖はよくわかる。高校がすでにそうだから。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1963年、長崎県に生まれる。大東文化大学文学部教授。フランス国立社会科学高等研究院大学院に学ぶ。ケンブリッジ大学東洋学部共同研究員などを経る。
著書にはベストセラー『語彙力がないまま社会人になってしまった人へ』(ワニブックス)をはじめ、『文豪の凄い語彙力』『一字違いの語彙力』『頭のいい子に育つ0歳からの親子で音読』『ステップアップ0歳音読』『いい子が生まれる 胎教音読』、監修に『頭のいい一級の語彙力集成』(以上、さくら舎)などがある。

「2021年 『文豪の名句名言事典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山口謠司の作品

名前の暗号 (新潮新書 528)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×