がんのウソと真実―医者が言いたくて、言えなかったこと (中公新書ラクレ)

著者 :
  • 中央公論新社
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121502421

作品紹介・あらすじ

手術、抗がん剤、代替療法、免疫療法…がん死を迎える患者2千人以上に接してきた著者が、曖昧にせずほんとうのことを伝える。よく生き、安らかな死を迎えるための、現代人必読の一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2007.5.1~5 読了

  • 読みやすい文章。
    内容も理解しやすい。
    がんにかかったら、余命がいくばくも無いなら、楽しみをたくさんしたい。
    治療も医師にきちんと確認したい。
    がんについて知識が増えた。
    良書だ。

    2008年06月08日読了。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

日の出ケ丘病院ホスピス医兼ホスピスコーディネーター

小野寺時夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする