斜線都市〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

  • 早川書房
2.91
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 41
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (422ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784150113117

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ベアの何が書いてあるのか分からない話
    表紙   5点小阪 淳  冬川 亘訳
    展開   5点1997年著作
    文章   5点
    内容 400点
    合計 415点

  • 視点がありすぎて話の核がどこだからわからない感じに進んでいくのに弱いらしい。同じ他視点系でもブリンとかはわりと平気。つまり、メインストーリーがよく分からないと駄目みたいです。

    SFの部分は舞台装置で、普通小説のようなものです。
    アイディアも書き込みもハードなんだけど、SF的カタルシスが感じられない点ではあんまり面白くない。
    書こうとしているテーマがまじめすぎるんだなぁ。もっとぶっ飛んだものを書いて欲しい今日この頃。

  • 冒頭からいきなりおもしろい!アリスとミンストレルの下ネタ(?)創作物語が。

全4件中 1 - 4件を表示

グレッグ・ベアの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×