女たちのシベリア抑留

著者 :
  • 文藝春秋
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784163911434

作品紹介・あらすじ

終戦直後、満洲や樺太などにいた軍人や民間人など60万人近い日本人がソ連によって連行された「シベリア抑留」。その中に数百人から千人近いの女性捕虜が存在したことは、長く歴史の影に埋もれていた。関東軍の陸軍病院で勤務していた従軍看護婦や軍属として働いていたタイピストや電話交換手、開拓団の民間女性や受刑者たちが、極北の地シベリアに送られていたのである。その中には「女囚」として10年を超える抑留生活を送った女性や、日本に帰る場所もなく異国の地で人生を全うした者もいる。帰国を果たした女性たちにとっても、故国の人々のまなざしは決して温かいものではなかった。戦後70年以上、長く沈黙を守ってきた女性たちをインタビューすることに成功し、2014年にNHK・BS1スペシャルで放送されたドキュメンタリー「女たちのシベリア抑留」は文化庁芸術祭賞優秀賞、放送文化基金賞奨励賞、ATP賞テレビグランプリ優秀賞、ギャラクシー賞奨励賞、NHK放送総局長特賞など、その年のドキュメンタリー部門の賞を総なめにした。その番組を担当した女性ディレクターが綴る本格ノンフィクション。ロシア側から初めて提出された女性抑留者の記録「登録簿」の内容も明らかになる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 想像を絶する内容だった。何度も泣いた。
    これまで、残留孤児として苦労された方や逃避行の末帰国された方の本は何冊か読んできたが、看護婦さん達については知らなかった。
    この本を読んで改めて戦争の悲惨さを痛感した。
    語り継がれるべきだと思うが、体験した方々は思い出すことも辛いだろうと思う。
    この本を通じて、史実をたくさんの人に知って欲しいと思う。
    親戚にも片足を無くしてシベリアから帰国した伯父がいた。穏やかで優しい伯父だったが、戦争の話は一度も聞いたことがなかったし、聞いてはいけないことのような気がした。
    抑留者の帰国後の人生が幸多いものであってくれたらと願わずにいられない。

全2件中 1 - 2件を表示

女たちのシベリア抑留のその他の作品

小柳ちひろの作品

ツイートする