食べ物連載 くいいじ (文春文庫)

著者 :
  • 文藝春秋
3.74
  • (34)
  • (66)
  • (53)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 616
レビュー : 76
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784167777029

作品紹介・あらすじ

「喰いしん坊」の食生活を綴った初の食べ物エッセイ集!激しく〆切中でもやっぱり美味しいものが食べたい! 漫画家・安野モヨコが、自らのどうにも止まらないくいいじを描いたエッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全部ではないけど読めた。
    挿絵に色を塗りたくなる衝動に襲われた。
    食いしん坊な作者の食べ物の話。
    お腹空いてる時はきつい。

  • 人気漫画家、安野モヨコさんの食べものに関するエッセイ。
    ご本人は美食家ではないと言っていますが、庶民的なところも、オシャレで高級なところもあって、面白く読めた。職業柄、美味しそうな差入れをもらえるのがうらやましい。
    さすが、人気漫画家さんだけあって、文章の作り方とかが非常に面白く、楽しい。

  • お腹が空くので要注意

  • 著者の食べ物に対する姿勢が自分と似ているような気がしてスラスラと読めた。くいいじというタイトルからも食べ物に対する執着があるようで、ないようで…漫画家という職業柄もあり毎日繰り返すような家事的に料理をする訳にもいかないようだけどくいいじから作る料理は美味しそう。外食するお店も美味しそう。食べたい、でも太りたくない、食べる為にダイエット…葛藤も同じ。食べたい気持ちと年齢的に食べられなくなってきてる身体、同じだ、共感する。
    漫画家さんだけあって挿し絵の食べ物も美味しそう。エッセイはあまり読まないけれど共感できるとたまにはいいなと思えた。

  • ずっとず~っと読みたかった本。とか言って買って積読してた。
    マンガは読んだ事ないけど、美人画報を昔読んで安野さんにちょっとはまった。

    さすが漫画家さんイラストも素敵に上手い。美味しそう。
    歯磨き粉まで子供の頃はさりげなく食べてたみたいで、読んでると本当に食べる事が好きなんだなと。
    そしてさりげないおかずの紹介。素敵主婦!
    文章も上手だと思います。凄く読みやすい。

    やっと読めて面白かった。

  • 40代になったら腹8分、50代は6分でいいらしい…というあとがきに多少衝撃。

  • 漫画家・安野モヨコによる、食べ物にまつわるエピソード集。コミカルな文章で書かれる物語ひとつひとつが、ぷっと吹き出してしまうようなものばかりだった。特に印象に残ったのは、夕日が美味しそうというところ。落ちて行く夕日をレンゲですくって食べたら美味しそうなどとは今まで思ったこともなかった。そのくいいじに脱帽。その後、夏の夕暮れ時に空を見たら、なるほど納得、たしかに噛んだらぷつんと弾けて中身がトロリと出てきそうな美味しそうな夕日であった。

  • 読むたび、私もなにか気に入ったものをつまみながら読もうしてしまう。
    一旦机に本を伏せ、お菓子を探しに行く。気がつくとお菓子を食べるのに夢中になってる。だからなかなか読み終わらない。

  • 漫画家だけど、意外に丁寧な食を描いていて好感持てる。
    うまいものは正義。

  • 食べ物に関するエッセイ集。
    私も食べること好きだけど、安野さんの『くいいじ』には負けると思った。
    料理が得意ではない、と書いてあるが、簡単そうでおしゃれ、かつ、健康的なものばかり載っている。
    作って食べたくなった。
    挿し絵もさすがに巧い。

全76件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。「働きマン」「さくらん」「ハッピー・マニア」などの作品がある。「シュガシュガルーン」で第29回講談社漫画賞を受賞。現在『AERA』で「オチビサン」を連載中。

「2019年 『鎌倉オチビサンポ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

食べ物連載 くいいじ (文春文庫)のその他の作品

食べ物連載 くいいじ Kindle版 食べ物連載 くいいじ 安野モヨコ

安野モヨコの作品

食べ物連載 くいいじ (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする