白馬八方尾根殺人事件 (KAPPA NOVELS)

著者 :
  • 光文社
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334077501

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 立山での山行後に姿を消した塾経営者の竹中智久。竹中の恋人の届け出で松本署の刑事・道原らが捜索を進めるが、その人物像は過去と現在とで大きくかけ離れていた。彼の足跡を探るため、道原たちは竹中が好んで登った白馬へ。次第に明らかになる未解決事件の全貌とは……。

  • 2時間ドラマもの。刑事さんって全国何処へでも行く事ができるのね。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

長野県生まれ。昭和55年、作家デビュー。山岳ミステリー、旅情ミステリーの第一人者として人気を博している。著書に私立探偵・小仏太郎シリーズ(小社刊)ほか、人情刑事・道原伝吉、旅行作家・茶屋次郎、山岳救助隊員・紫門一鬼などの人気シリーズ、松本清張との交流を描いた『回想・松本清張 私だけが知る巨人の素顔』がある。近刊に『白馬八方尾根殺人事件』『京都・化野殺人回路』『鎌倉殺人水系』『松本―日本平殺人連鎖』などがある。

「2023年 『男鹿半島 北緯40度の殺人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梓林太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×