ピカソになれない私たち (幻冬舎文庫 い 64-4)

著者 :
  • 幻冬舎
3.40
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 64
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344432260

作品紹介・あらすじ

国内唯一の国立美術大学・東京美術大学油画科。なかでもスパルタで知られる森本ゼミの望音・詩乃・太郎・和美の4人は、自身の才能や未来に不安を感じながらも切磋琢磨していた。そんな時、ゼミに伝わる過去のアトリエ放火事件の噂を聞き――。不条理で残酷な「芸術」の世界に翻弄されながらも懸命に抗おうとする〝美大生のリアル〟を描いた青春小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 東京美術大学。国で唯一の「国立」美術大学。油画科 森本ゼミに属する学生四人の、切磋琢磨や葛藤が描かれた本です。
    芸術に悩み、「才能」に悩み、それに重ね、友人関係や家族関係も絡み…、主人公が四人いて、一冊に納めるには、大変だったと思う。読者としても、もう少し掘り下げて欲しい部分もあった。
    登場人物たちは、自分の創り出す作品に対してプライドはあるけれど、迷いもあって、そんな時にライバルからもらえるアドバイスを素直に受け止めてしまえるのは、ライバルのことを認めているからなのだろうな。
    読んでいて、「蜜蜂と遠雷」を思い出しました。

    楽しく読んでいて、でも、「これは都合がよすぎでは?」と現実に引き戻される部分もあるのですが、四人の中の、友人でライバルで、嫉妬してぶつかり合いながら作品を昇華させていく部分、良かったです。
    「才能」という言葉、その一言に含まれる羨望が、生々しいくらいに描かれていた。
    それがすごくリアルでした。

  • 美大4年生の1年を描いた物語。芸術をどのように教えるか、どのように教わるか、教わった先に何があるのか、そんなことを考えさせてくれた。芸術の世界では才能の2文字で片づけられてしまうことも多くあるけれど、この本では「才能とは何か?」ということも考えさせてくれる。
    登場人物が描いた絵を実際に見てみたいなあと思う。文章しかないので、読む人の想像力によって読後の爽快感が変わってくるんだろうなあ。でもいい本。

  • 4人それぞれが真剣に絵に向き合ってある姿に感動しました。
    私も何かにここまで真摯に向き合いたいです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

一九八八年、京都府生まれ。東京藝術大学美術学部芸術学科卒業。二〇一五年に第14回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞、一六年に受賞作『神の値段』でデビュー。著書に、美術修復士が活躍する美術ミステリー「コンサバター」シリーズ、『ジャポニスム謎調査新聞社文化部旅するコンビ』などがある

「2022年 『ピカソになれない私たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

一色さゆりの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×