CD付 関口・初等ドイツ語講座〈中巻〉

著者 :
制作 : 関口 一郎 
  • 三修社
4.27
  • (6)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784384004847

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 完了形難しい。

  • 第9・10講形容詞まで読んで、ようやく(ほんとうに、ようやく…)ドイツ語(それも語尾だけ)が解ってきたと言う手ごたえを感じ始めた。関口先生が言われる通りで、「理屈がわかっていないで『丸暗記』をやっても駄目」(P.8)なのだ。そして、解ったら慣れる。ただ、それだけ。まだまだ遠い道のり、小さい喜びを動機に変換しながら先に進んでいきたい。

  • ドイツ語学習の王道。2005年新版。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1894年兵庫県姫路市生まれ。
上智大学に通う傍、青山杉作、村田実、木村修吉郎らと劇団「踏路社」を創立。同時期に、アテネフランセのフランス語とラテン語の教授を務める。上智大学哲学科卒業後は、外務省反訳課に勤務。のち、法政大学でドイツ語の講師となり、慶應義塾大学、早稲田大学、外務省外国語学校、高田外国語学校などで教鞭を執った。第二次世界大戦中は、勝野金政、米林富男らと長野県西筑摩郡吾妻村妻籠に疎開。公民館で村人たちに演劇指導を行なった。数多くの語学書、専門書を執筆し、『独文評論』『基礎ドイツ語』などの雑誌を主宰。晩年までNHKラジオドイツ語講座の講師を務めた。1958年、脳溢血のため急逝。

「2019年 『セレクション関口存男 ニイチエと語る』 で使われていた紹介文から引用しています。」

関口存男の作品

ツイートする
×