社長、無礼につき (ディアプラス・コミックス)

著者 :
  • 新書館
3.44
  • (0)
  • (9)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403663796

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ▼あらすじ

    旧財閥御曹司・柚原は、イケメン&敏腕で誰もが羨む超イイオトコ
    そんな柚原が、裸にむいて快感に喘ぐ姿を見たいと迫っているのは、
    バリタチのクールビューティ・衣荻で……!?

    ***

    表紙とあらすじを見て少し気になったのでまずは電子書籍版の方で
    試し読みをしたんですが、思ってた以上に絵に癖があって
    少し苦手だと感じてしまったので一度購入を諦めました。

    でも、設定自体は好みだったので後からどーーーしても気になってしまい、
    こうなったら賭けだと1巻と2巻を一緒に購入したんですが
    1巻を読み終わった後の感想は「買って良かった…!」でした(笑)
    やっぱり読まず嫌いは良くないなぁと痛感したのは言う間でもなく…。

    癖のある絵柄なので間違いなく好き嫌いは分かれると思いますが、
    そんなの気にならないぐらいストーリーが面白いので
    私のような読まず嫌いの方にも是非読んでみて欲しい作品の一つです。
    特にタチ×タチで、女々しさの欠片も無い男らしい受けが大好物という方には
    この作品は大当たりかもしれません。(因みに攻めは男前なヘタレわんこ系です 笑)

    見所は説得力のある心理描写。
    タチ同士のお互い一歩も引かないジリジリとした関係が長く続くのですが、
    お互い両思いになるまでの過程が両方の視点からきちんと描かれているので
    展開が早いというような不満も一切なく、非常に納得のいくストーリーでした。
    それに最後までどっちがタチに回るのか分からないのも面白さの一つです。
    私は正直、柚原が抱かれるんじゃないかと思ってました…(笑)

    まー、それぐらい受けがめちゃくちゃ男らしいんですよ…。
    柚原よりも数倍“タチらしい”衣荻が受けに回るというギャップに萌え、
    受けに回っても完全に主導権を握る余裕綽々な姿に萌え…と、
    気が付けば衣荻ばっかり気になってましたが、
    柚原は柚原でヘタレに見えるけど決めるとこはしっかり決めるし、
    やる事はしっかりやるので、上司としての男らしさや頼もしさといった
    衣荻とはまた違った魅力的があって素敵なんですけどね…!
    それに見かけによらず可愛いもの好きっていう所もポイント高いです(笑)

    余談ですが、最初はどこが可愛いのかイマイチ謎だったタンガちゃんと
    ヨンガくんが読んでいる内に段々愛くるしく思えてくるので不思議です…(笑)

  • 攻め×攻め。煽り詐欺ではなく、ビジュアルも駆け引きもまさに男らしい二人でした。お互いに弱いところや可愛いところが垣間見えるのも良かったです。

  • 作家買い。雑誌で既読。あのシリーズの二人がちょっとだけ♪久々で嬉しい。攻×攻特集の時だったかな?好物^m^何故か時々、受×受にも見える不思議(笑)攻が俺様タイプじゃないのが珍しいちょっとヘタレっぽい(なんかカワイイ…寧ろ受のが?笑)が決める時は決める。次は弟君のスピンかな?

  • バリタチcp。ビジュアル的にもアダルトです。スーツリーマン万歳というかんじ。
    かわいいもの好きで立ち上げた会社が、キャラクター商品で大当たりして13年。しかしボンボン社長の柚原は、男の趣味だけはかわいいもの好きではなかったのでした…
    見た目もイケメンでかわいいものとは結びつかないギャップ感!
    柚原が泣かせて喘がせたいと思っているのは、クールで頑としてなびかないバリタチゲイのデキる次長、衣荻です。
    衣荻はかわいい男の子が好みでしかも攻なので、社長の誘いなど完全無視。

    互いが互いのことを無礼な奴、と思っている同士です。二人のぶつかり合いがハラハラさせられるけど、相手を認め合っていることも端々から感じられて、けっこう良い間柄なのがニヤリとさせられます。
    特に、柚原のオトコの純情がたまりません。
    衣荻もなんだかんだ拒絶しつつも、柚原の仕事にかける情熱や、自分に対する真摯な態度を目の当たりにして、次第にほだされてしまうんですが、その気持ちよくわかりました。

    でも、一番無礼だったのは、弟の泰河ですよね~兄より男前?ちゃっかりした性格で面白いキャラでした。
    そして、千束と波平も登場していて、ラブっぷりをカバー下でお披露目~

  • (感想)

    柚原讃河(社長)×柚原讃河(次長)


    傲慢社長かと思っていたら…

    衣荻を側において、ジワジワと自分のものにしようと思ってた。
    好きというのではなく、ただ彼を自分の下で「アンアン」言わせたいと。
    それがいつしか本気モード!
    だが彼は可愛い系が好きなバリタチ!!
    なんだか社長、衣荻に本気になった途端ワンコモード入ってますが…

    あれこれと衣荻にチョッカイだしていくのですが、いつもかわされ
    おっと、ようやくというところでも進展なし。
    ですがそんな社長の事が気になり始めたところ
    彼のバックの大きさに、自分との立場の差を見せられたというか
    自分から引いてしまうんですよね。

    だけど社長の事ばかり考えてしまう自分が嫌で、
    今までの自分好みの可愛い男の子を捜そうと思っていたら
    社長に面影の似た人物に出会う。
    その後、彼と友達のような付き合いをしていくのですが
    やはり社長と比べてしまっている。

    そんな社長の方はといえば…
    衣荻にはっきりと振られましたが、勿論いまも想ってて
    噂で彼に好きな人ができたと聞き焦ってます。
    いてもたってもいられず彼のマンションへ。
    そこでは誰かがシャワーをあびてて、これから誰かを抱くのかと思うと
    我慢できずに、すがりつき告白。
    衣荻の方も自分の気持ちを確信し、いい雰囲気になってたところで
    忘れてはいけません、面影が社長に似ているシャワーの男です。
    似ているはずです、だって本当に社長の弟だったのですから(笑)

    なんやかんやで遠まわりしてきましたが、
    落ち着くところに落ち着きました。


    そして千束さんたちの登場!!
    カバー下にもあるように、社長はどう衣荻を紹介するつもりだったのでしょう?
    彼らのバックを考えると、すんなり受け入れられるとは思いませんが
    この社長ならどうにかするか??

  • やったー!!
    攻×攻だったー!!!

    ただそれだけwwww

    途中から
    社長がヘタレワンコみたいになったのが
    ちょっとな・・・
    強引攻めだと思ってたからな

    でもセクスはよかったです。

    あと千束×波平カプ出てきてワロたwwww

  • めっちゃ好き。千束となみへーも登場で嬉しい。弟の話も読みたい。

  • 攻×攻
    きっちりかっこいい二人の攻のお互いを思う気持ちが少しずつ変化していく過程がいい感じでした。

全8件中 1 - 8件を表示

社長、無礼につき (ディアプラス・コミックス)のその他の作品

梅太郎の作品

ツイートする