百貨店ワルツ (リュエルコミックス)

  • 実業之日本社
4.44
  • (75)
  • (24)
  • (13)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 600
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (116ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408414331

作品紹介・あらすじ

ようこそ!空想百貨店へ。虚構の二十世紀初頭、デパート「三紅百貨店」を舞台にしたオールカラー、コミック&イラスト集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 勝手にフォローさせてもらってる方が載せていて、凄く欲しくなって購入。
    レトロな世界観大好きなんです。
    架空の百貨店が美しいモダンガール達のイラストによって紹介されています。

    西洋に負けない和モダン、すっごくいいです。

  • 私の最高に好きな世界観
    この本の中だけに流れる時代と設定、楽しい時間を過ごしました。

  • 言ってみれば画集みたいな気持ちでページをめくる作品!レトロで耽美なものはみんな好きとは思うのだけど、現代の美の感覚、おしゃれの感覚にアップデートさせつつも和洋折衷でクラス感が出てしまう時代の「素敵!」をこれでもかと詰め込んだ作品。
    弥生美術館でマツオヒロミさんの作品が展示されていたので、そのまま美術館で購入したんだけど大きい絵もそれはそれは美しかったですよ!いつか画集が出るに違いないと期待して待ってます♡

  • 東洋と西洋の混じりあう不思議な現代浪漫。
    架空の百貨店「三紅百貨店」に勤める店員や、来店するお客さんの日常に触れていく。
    全ページフルカラーで百貨店の様子を紹介していく。
    レトロな雰囲気もありつつ現代風のイラストで当時のファッションが描かれている。

    イラストが本当にきれい。
    和装も洋装もおしゃれでカワイイ。
    ファッションだけでなく、手鏡のような小物やメイク道具、ポスターなどもかわいい。

    当時の百貨店はお客さんにとって、夢のような世界だったのだと感じれる。
    例えばエレベーターはただの移動手段ではなく、夢の世界に入る装置だった。
    店内にある喫茶店は、ただ座って休めるだけの場所ではなく、コーヒーのサービスやレターセットのサービスがある贅沢な場所だった。
    婦人化粧室は洗面台だけでなく化粧直し用のスペースも広くなっていた。
    石鹸も外国製のいいものを。お試し用の香水もいいものを。
    百貨店はお客様をさらなる夢の世界へと誘う空間であった。

    当時のレトロな雰囲気も感じれて素敵な世界観のある作品。

  • 表紙で一目惚れ
    モダンガール可愛すぎる
    イラストがとにかく美麗すぎる
    こんなお着物とかお洋服着たいなー

  • レトロモダン可愛いの極み!
    この世界全てが美し可愛い!
    この百貨店全てが夢の国やで!

    お着物生活もレトロ洋装も憧れますわ〜。
    私の貴少な乙女心がキュンキュン通り越して祭り囃子でドンドコドコドコしてる!

  •  娘の本棚にあったのを借りてきたもの(うちの娘は父親に似て思いっきりオタクですw)。
     著者のマツオヒロミは人気イラストレーターとのことだが、あいにく私は存じあげなかった。

     本書は、20世紀初頭(具体的な年は明示されていないが、雰囲気としては大正)を舞台に、架空のデパート「三紅(みつべに)百貨店」を一冊丸ごと費やして“紹介”したもの。
     マンガ仕立てになっているページも多い(計37ページ)が、ストーリーを楽しむという感じではなく、基本的にはイラスト集である。→本作の試し読みページ

     全ページカラーで、どのページもすこぶる美しい。次々と登場するあでやかな「モダンガール」たちの、表情や服装を眺めるだけでも陶然となる(男の私でも)。

     各階の売り場などの様子、商品の数々、百貨店の広告・ポスター、包装紙(!)に至るまで、「三紅百貨店」があたかも実在したかのように、凝りに凝って作り上げられている。その遊び心――著者は「本気で遊んで」いる――が楽しい。
     “フェイクの大正浪漫”の世界を堪能した。

     隅々まで、まったく手を抜かずに作られた本。この密度とクオリティーで1620円は安いと思う。

  •  マツオヒロミさんの好きな物とセンスをたっぷり詰め込んだ贅沢な一冊。
     思えば戦後暫くまで百貨店とは一張羅を着込んでゆく特別なお出掛けの場所。明るく目も眩む豪奢な内装、最新のファッションと選びぬかれた家具や寝具、洒落た小物に珍しいお菓子―そんな憧れの場所であった百貨店を鮮やかな色彩と繊細な描き込みのイラスト、ささやかなエピソードのマンガで見事に再現して見せている。
     そして何よりも女性達の美しさ!艶のある流し目美人達の麗しさにウットリです。
     

  • 思えば昔から明治・大正時代のものが好きでした。
    たぶん、洋館に和装、日本家屋の中に洋風のインテリア、というミックスが好きなんだと思います。

    マツオヒロミさんのこちらは、建築、着物、ファッション、それになんともノスタルジックなポスターやパッケージなどが大好きな私の趣味をことごとく満足させてくれるものでした。本当に全ページ大好きです。

    その中でも特に好きだったのは、はじめて洋装をすることになった女の子が足を運んだ売り場で出会った、洋装を着こなす女性との会話。色っぽくて格好良くて、優しくて強くて、ああいう女性が大好きです。

    これはシリーズにならないのでしょうか?
    今度は是非、男性のシーンももっと見てみたいです。万年筆売り場とか、紳士服とか。

    パラパラとめくるだけで違う世界に旅に出られる素敵な本です。

  • ようこそ!空想百貨店へ。虚構の二十世紀初頭、デパート「三紅百貨店」を舞台にしたオールカラー、コミック&イラスト集。
    モダンであり和風で可愛くもあり、素敵な絵柄。眺めているだけで何だか百貨店の中でわくわくしていた当時の女性の一人になれた気がするくらい。言い方は悪いけど中身はないので、ストーリーを求める人には向かないです。でもそれ以上にきらきら輝く百貨店の魅力が詰まっている。いつの世も買い物で幸せになる女子はたくさんいるんですよねぇ。

全39件中 1 - 10件を表示

百貨店ワルツ (リュエルコミックス)のその他の作品

百貨店ワルツ (リュエルコミックス) Kindle版 百貨店ワルツ (リュエルコミックス) マツオ・ヒロミ

マツオ・ヒロミの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見 登美彦
辻村 深月
櫻部由美子
有効な右矢印 無効な右矢印

百貨店ワルツ (リュエルコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする