百貨店ワルツ (リュエルコミックス)

  • 実業之日本社
4.42
  • (77)
  • (27)
  • (13)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 640
レビュー : 43
  • Amazon.co.jp ・本 (116ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784408414331

作品紹介・あらすじ

ようこそ!空想百貨店へ。虚構の二十世紀初頭、デパート「三紅百貨店」を舞台にしたオールカラー、コミック&イラスト集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 勝手にフォローさせてもらってる方が載せていて、凄く欲しくなって購入。
    レトロな世界観大好きなんです。
    架空の百貨店が美しいモダンガール達のイラストによって紹介されています。

    西洋に負けない和モダン、すっごくいいです。

  • 一目見たときからうっとりさせられた!昭和初期のレトロなおしゃれが大好きなので、架空のデパート「三紅百貨店」の昭和浪漫がたっぷり詰まった世界観に魅了されっぱなし。まるで実在したかのようなディティールの細かさが本当に素敵だ。アールヌーボーを彷彿とさせるポスターの色遣い、デザインの美しさ、コケティッシュな表情の女性達…何度見ても飽きない。見返し部分が包装紙っぽくなっていて、そんなこだわりもまたいいなと思えた。
    改めて、百貨店はたくさんの憧れやときめきが詰まった特別な場所なんだなと。「ここは皆さまの為の全く新しい宮殿。愉快に優雅に足取り軽く。ときめくような店内をお楽しみください。」というご挨拶がまたツボで、本当に店内をワクワクしながら見て歩いている気持ちになれます。

    • 地球っこさん

      メイプルマフィンさん、おはようございます(*^^*)
      私も「百貨店ワルツ」大好きです(〃▽〃)
      うっとりしますよね。ドキドキしますよ...

      メイプルマフィンさん、おはようございます(*^^*)
      私も「百貨店ワルツ」大好きです(〃▽〃)
      うっとりしますよね。ドキドキしますよね。
      尾形亀之助の詩も、この本で初めて知りました。
      あとがきで、マツオ・ヒロミさんの老朽化によって建て替えられるヴォーリズ設計の大丸心斎橋店への愛情も伝わってきます。
      それだけでも、ヴォーリズさん大好きの私
      には堪らない一冊。
      宝石箱のような素敵なイラスト集でした。
      2019/01/31
    • メイプルマフィンさん
      地球っこさん:コメントありがとうございます!
      私も、尾形亀之助の詩をこの本で初めて知りました。すごく好きです!
      私は東北の人間なので、大...
      地球っこさん:コメントありがとうございます!
      私も、尾形亀之助の詩をこの本で初めて知りました。すごく好きです!
      私は東北の人間なので、大丸心斎橋店を知らなかったため、俄然興味がわきました。レトロな建築が好きなので、色々調べてみようと思ってます。
      2019/02/01
  • 東洋と西洋の混じりあう不思議な現代浪漫。
    架空の百貨店「三紅百貨店」に勤める店員や、来店するお客さんの日常に触れていく。
    全ページフルカラーで百貨店の様子を紹介していく。
    レトロな雰囲気もありつつ現代風のイラストで当時のファッションが描かれている。

    イラストが本当にきれい。
    和装も洋装もおしゃれでカワイイ。
    ファッションだけでなく、手鏡のような小物やメイク道具、ポスターなどもかわいい。

    当時の百貨店はお客さんにとって、夢のような世界だったのだと感じれる。
    例えばエレベーターはただの移動手段ではなく、夢の世界に入る装置だった。
    店内にある喫茶店は、ただ座って休めるだけの場所ではなく、コーヒーのサービスやレターセットのサービスがある贅沢な場所だった。
    婦人化粧室は洗面台だけでなく化粧直し用のスペースも広くなっていた。
    石鹸も外国製のいいものを。お試し用の香水もいいものを。
    百貨店はお客様をさらなる夢の世界へと誘う空間であった。

    当時のレトロな雰囲気も感じれて素敵な世界観のある作品。

  • 私の最高に好きな世界観
    この本の中だけに流れる時代と設定、楽しい時間を過ごしました。

  • 大正浪漫大好きの私には、本当に本当大満足な一冊でした。美目麗しい女性の姿にため息。着物やお洋服、お化粧品に宣伝部資料などにため息。百貨店の装飾に昇降機(エレベーター)ガールや店員さんの制服などどれをとっても浪漫溢れる美しき空間の連続にため息がとまらない。まさにワルツを踊っているような軽やかで華やかなリズムが流れる宮殿。あとがきによると老朽化により建て替えのウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計の大丸心斎橋店への愛情と感謝の気持ちが込められているようです。わかる。その気持ちとーってもわかります。わたしもヴォーリズ設計の建物が大大大好きだから。ヴォーリズさんもすごく素敵な人なんですよ。

  •  娘の本棚にあったのを借りてきたもの(うちの娘は父親に似て思いっきりオタクですw)。
     著者のマツオヒロミは人気イラストレーターとのことだが、あいにく私は存じあげなかった。

     本書は、20世紀初頭(具体的な年は明示されていないが、雰囲気としては大正)を舞台に、架空のデパート「三紅(みつべに)百貨店」を一冊丸ごと費やして“紹介”したもの。
     マンガ仕立てになっているページも多い(計37ページ)が、ストーリーを楽しむという感じではなく、基本的にはイラスト集である。→本作の試し読みページ

     全ページカラーで、どのページもすこぶる美しい。次々と登場するあでやかな「モダンガール」たちの、表情や服装を眺めるだけでも陶然となる(男の私でも)。

     各階の売り場などの様子、商品の数々、百貨店の広告・ポスター、包装紙(!)に至るまで、「三紅百貨店」があたかも実在したかのように、凝りに凝って作り上げられている。その遊び心――著者は「本気で遊んで」いる――が楽しい。
     “フェイクの大正浪漫”の世界を堪能した。

     隅々まで、まったく手を抜かずに作られた本。この密度とクオリティーで1620円は安いと思う。

  • 言ってみれば画集みたいな気持ちでページをめくる作品!レトロで耽美なものはみんな好きとは思うのだけど、現代の美の感覚、おしゃれの感覚にアップデートさせつつも和洋折衷でクラス感が出てしまう時代の「素敵!」をこれでもかと詰め込んだ作品。
    弥生美術館でマツオヒロミさんの作品が展示されていたので、そのまま美術館で購入したんだけど大きい絵もそれはそれは美しかったですよ!いつか画集が出るに違いないと期待して待ってます♡

  • 表紙で一目惚れ
    モダンガール可愛すぎる
    イラストがとにかく美麗すぎる
    こんなお着物とかお洋服着たいなー

  • レトロモダン可愛いの極み!
    この世界全てが美し可愛い!
    この百貨店全てが夢の国やで!

    お着物生活もレトロ洋装も憧れますわ〜。
    私の貴少な乙女心がキュンキュン通り越して祭り囃子でドンドコドコドコしてる!

  • マツオヒロミさんと出会ったのはこの本を立ち読みしたことがきっかけでした。
    とても女の子らしいのに甘すぎず艶がある…。
    どのページもまさに夢の世界で大好きです。

全43件中 1 - 10件を表示

百貨店ワルツ (リュエルコミックス)のその他の作品

百貨店ワルツ (リュエルコミックス) Kindle版 百貨店ワルツ (リュエルコミックス) マツオ・ヒロミ

マツオ・ヒロミの作品

百貨店ワルツ (リュエルコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする