日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心 (プレイブックス・インテリジェンス) (青春新書インテリジェンス)

著者 : 飯倉晴武
  • 青春出版社 (2003年1月1日発売)
3.20
  • (22)
  • (66)
  • (239)
  • (23)
  • (7)
  • 本棚登録 :1049
  • レビュー :122
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784413040464

作品紹介

四季を重んじ、人生の節目を大切にする…いまに残しておきたい伝統の原点をさぐる。

日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心 (プレイブックス・インテリジェンス) (青春新書インテリジェンス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今ブームの「日本人のしきたり」を買ってみました
    あまりにも日本人として、日本の当り前な知識が抜けてるなぁって思ってたので・・・
    当り前過ぎて、その意味さえも考えなかった事が、きちんと書かれていて勉強に
    なりました

    そして、こういう「しきたり」や「マナー」的なことって、ちゃんと意味があって
    それをきちんと守れる人って素敵だなって・・・
    書いてることの殆んどは、小さいときに祖父や祖母に言われたことばかりでした
    結局、そういうことなんだろうね・・・
    そうやって、伝え守られていくもんなんだろうねぇ
    それが、今、日本全体で家族形態が変化しちゃったから、なんだかおかしな事に
    なってるんだろうな・・・怖い、怖い・・・

  • フォトリーディング&高速リーディング。
    思ったより良書。必要があったらふり返りたい内容。

  • ならべただけ

  • 湘南蔦屋

  • なかなか読んで損はないどころか読むべき本かも。何気なく使っている言葉や知識に裏付けをくれた。

  • これは生活する上での必要な知識です。どうしても生活と切り離すことのできない話で、なぜそのようなしきたりがあるのか、という問いに答えを出してくれる一冊です。
    これは手元に置いていつでも調べられるようにしておきたいです。

  • 目次:はじめに、序章 日本人の自然観と信仰、第一章 正月行事のしきたり、第二章 年中行事のしきたり、第三章 結婚のしきたり、第四章 懐妊・出産のしきたり、第五章 祝い事のしきたり…他

  • 半身浴中の暇潰しに。日本の年中行事や作法などの由来が知れる本です。作法や行事自体は知っていても、どういう由来かまでは詳しく知らなかったので興味深く読めました。短く章立てされた薄めの本ですので、手軽に読めます。

  • 簡潔に要点だけまとめられていたので、読みやすかった。
    私たちが当たり前としてるいろんな習慣がなぜそうなったのかが網羅されているので、雑学としても役に立つし、理由がわかれば当たり前にやっているその習慣に思いを込めることができる。

    読んで損はない一冊でした。

  • 門松 28~7日(松の内)
    鏡開き 1月11日
    春分/秋分の日→お彼岸
    お盆→旧暦7月15日前後
    六曜→友引正午のみ凶、赤口昼夜が凶

全122件中 1 - 10件を表示

日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心 (プレイブックス・インテリジェンス) (青春新書インテリジェンス)のその他の作品

飯倉晴武の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
劇団ひとり
白石 昌則
有川 浩
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心 (プレイブックス・インテリジェンス) (青春新書インテリジェンス)に関連する談話室の質問

日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心 (プレイブックス・インテリジェンス) (青春新書インテリジェンス)はこんな本です

日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心 (プレイブックス・インテリジェンス) (青春新書インテリジェンス)を本棚に登録しているひと

ツイートする