「バブル女」という日本の資産 `永遠の勝ち組'世代の消費を読む

著者 :
  • 世界文化社
2.91
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784418136025

作品紹介・あらすじ

ここ数年、消費の場でもっとも購買力が高く、仕事や家庭、恋愛においてもパワーを発揮すると見られているのが、バブル世代の女性たち。通称「GOLD世代」です。  本書では、バブル世代の女性の時代背景、消費の特徴を考察。 いまバブル世代の支持を得ている商品やサービスは何なのか? 彼女たちはそれぞれ何に悩み、お金を時間を使い、葛藤してきたのか? 永遠の勝ち組、バブル女性の消費や恋愛、結婚、家族(子育て)、仕事観を、ヒット商品&サービスや約80人への人物取材から読み解きます!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もっと読みやすい構成にできなかったのだろうか、とは思うものの、内容はとても興味深く、面白かった。現在の40代後半~50代の女性とひとくくりにしても百人十色、世代は違うものの、共感できるし、好感ももった。ひとりひとりがどんな人生を歩んできたか、という細かい記述は真実であるだけに説得力がありドラマや映画よりも引き込まれるものがある。GOLDは購読しないけれど、コラムだけは読み続けたいと思う。

  • 私はバブルの味を知らない世代。バブル世代を羨ましく思ってきたけれど、先輩方には、また違ったたいへんさがあるのですね。バブル世代の方が読むと面白いと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

世代/トレンド評論家。インフィニティ代表取締役。日大芸術学部映画学科(脚本)卒業後、大手出版社に入社。2001年4月にマーケティングを中心に行うインフィニティを設立。その後、複数の大学や大学院で教えるかたわら、立教大学大学院ビジネスデザイン研究科(MBA)にも通学。現在、同志社大学・ビッグデータ解析研究会メンバー、財務省・財政制度等審議会専門委員、内閣府・経済財政諮問会議政策コメンテーターなどを歴任。数々の雑誌連載に加え、テレビやラジオのコメンテーター出演でも活躍、「おひとりさま(マーケット)」(05年)、「草食系(男子)」(09年)は、新語・流行語大賞に最終ノミネートされる。『男が知らない「おひとりさま」マーケット』『独身王子に聞け! 』『草食系男子「お嬢マン」が日本を変える』ほか、マーケティングに関する著書も多数。近著に『恋愛しない若者たち』『大人を磨くホテル術』(共著)がある。

「2017年 『「男損」の時代 「熟メン」が人生をソンしない18の知恵』 で使われていた紹介文から引用しています。」

牛窪恵の作品

ツイートする