よい移民

制作 : ニケシュ・シュクラ  栢木 清吾 
  • 創元社
2.33
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 67
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784422360119

作品紹介・あらすじ

欧州における移民受け入れ先進国で、その受入れに比較的寛容であったイギリスでも、基幹産業の空洞化と貧富の差の拡大によって、移民排斥や制限の主張が勢いを増している。★そんななか、70年代以降生まれの俳優、ミュージシャン、詩人、ジャーナリストなど、移民2世・3世の著名なクリエイター21人が、移民としての自己存在の意味や葛藤、社会の偏見などを繊細かつ巧みに表現し、大きな反響を呼んだのが本書『よい移民』である。★編集は、インド系移民家庭に育った若手作家ニケシュ・シュクラ。2016年9月にクラウドファンディングで刊行され、瞬く間にベストセラーとなった。★「移民」は受け入れないとしながら、実質の移民受入れに大きく舵を切った日本で最も不足しているのが、移民をめぐる広範な議論であり、様々な立場を理解するための知識と寛容の精神であろう。★本書は、今後の日本にも必要不可欠な移民をめぐる物事の味方・考え方を移民側の視点によって知ることのできる格好の読物である。★J・K・ローリング&ゼイディー・スミス推薦。2016年度のReaders Choice受賞。【主な目次】編者まえがきナマステ(ニケシュ・シュクラ)黒人になるためのガイド(ヴァレイッゾ)私の名前は私の名前 (シメーヌ・スレイマン)黄色 (ヴェラ・チョック)ケンドー・ナガサキと私(ダニエル・ヨーク・ロー)機会の窓 (ハイムシュ・パテル)ニシュ・クマールは困惑するイスラム教徒か?(ニシュ・クマール)テレビに映る黒人像と自分なりの「黒さ」 (レニ・エド=ロッジ)「よい」移民を越えて(ウェイ・ミン・カム)「そんなのだめだよ! お話は白人についてじゃないと」(ダレン・チェティ)帰郷の途について(キエラン・イェイツ)国旗(ココ・カーン)アフリカに切り込む――黒人向けの床屋と男の話(イヌア・エラムス)どこから来たか、どこで着ているか――移民と英国ファッション(サブリナ・マフーズ)空港とオーディション(リズ・アーメッド)カースト主義の永続(サラ・サヒム)シェード(サリーナ・ゴッデン)テロリストの妻(ミス・L)トークニズムについて我々が語るときに語ること(ビム・アドワンミ)死は多頭の怪物(ヴィナイ・パテル)感謝知らずの国(ムサ・オクウォンガ)訳者解題

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東2法経図・6F開架:316.8A/Sh99y//K

  • 日経新聞掲載2019914

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

作家。1980年ロンドン北西部ハロー生まれ。デビュー小説Coconut Unlimited(2010)は、イギリスの文学賞コスタ賞処女小説部門の候補作となり、以降の小説作品もイギリスの各種メディアで激賞される。2014年に脚本執筆に携わった短編映画Two Dosasは数々の賞を獲得した。本書の成功を受けて、有色人作家の作品を掲載する雑誌The Good Journal を創刊する。2019年2月には本書のアメリカ版となるThe Good Immigrant: 26 Writers Reflect on Americaを、シメーヌ・スレイマンと共同編集した。子どもや若年層向けの図書出版にも力を入れ、人種差別の問題を扱った学習テキスト『どうして肌の色が問題になるの?』(2018年に創元社から邦訳刊行)をクレア・フーチャンと執筆している。2016、17年と2年連続でイギリスの出版業界誌『ザ・ブックセラー』から同業界で影響力を持つ100人の1人に選ばれた。2019年には『タイム』誌から「次世代のアーティティストをつくる12人のリーダー」の1人に選出された。

「2019年 『よい移民』 で使われていた紹介文から引用しています。」

よい移民のその他の作品

ツイートする