コミュニケーションとしての身体 (叢書・身体と文化)

制作 : 菅原和孝  野村雅一 
  • 大修館書店
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (454ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784469163421

作品紹介・あらすじ

身体相互間のたえまないコミュニケーションこそが人間のアイデンティティの核をなしている。身体は社会関係の真に実質的な基盤であるばかりでなく、制度や規範の雛形をもかたちづくる。日常生活を支配する不可視のポリティクスをとりえなおすためにも身体に脈打つ豊かな感覚=意味を回復することが切に求められている。本書では、身体の原初的な交感能力からはじまって、社会・文化的脈絡のなかで身体がおびる儀礼性・象徴性にいたるまで、コミュニケーションとしての身体の多彩なはたらきを描き出し、それらをつらぬく秩序と構造を解明する。

コミュニケーションとしての身体 (叢書・身体と文化)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×