狂奔する資本主義―格差社会から新たな福祉社会へ

制作 : 伊藤 誠  横川 信治 
  • ダイヤモンド社
4.75
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784478000625

作品紹介・あらすじ

1970年代以来、30年間にわたって世界を席巻する市場原理。その行き過ぎがいま、さまざまな矛盾を生んでいる。不安定な金融システム、驚異的スピードで進むグローバル化、それらに伴って蔓延する格差問題。我々はいったい何を得て、何を失ったのか。暴走する資本主義の本質を衝く、ラディカルなマルクス学派の視点。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新自由主義という思想が労働組合を解体し、福祉を解体する。
    以前まで労働者に追いやられた資本家たちが1970年代を境に力をつけていく。
    資本家>労働者の時代に警笛を鳴らす。

  • 行き過ぎた市場原理は、何を生み出し、何を破壊したのか。そして、格差克服への新たな提言「ベーシック・インカム」とは−。「手綱から解き放たれた資本主義」が撒き散らした問題点を、マルクス学派の視点から洗い直す。(TRC MARCより)

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする