なぜ韓国外交は日本に敗れたのか 激変する東アジアの国家勢力図 (PHP新書)

著者 :
  • PHP研究所
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784569830353

作品紹介・あらすじ

朝鮮半島の未来はどうなるのか? 「北朝鮮による併合」が著者の答えだ。韓国内の世相や外交事情も論じながら10年後の未来を徹底分析。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・「韓国は日本を理解していない。自分自身の状況も理解していない」という内容。本当にそんな論調で良いのか。

  • レビュー省略

  • ■朝鮮半島情勢の5つの特徴
    ①自尊心,自負心が民族のアイデンティティであることを,日本人は念頭に置く必要がある。
    ②勧告を軍事統一するというシナリオに自信を深めつつある。しかし,それを認めることは韓国の自負心が許さない。
    ③朝鮮半島統一のシナリオの中核にあるのが核兵器。北朝鮮の次の政策は,米朝不可侵協定の締結,米朝国交樹立,そして在韓米軍撤退の推進と,南北間の対話推進ということ。
    ④中国経済の減速により主導権が中国の手に残るか,中国にアメリカがどう対応するのか注目しなければならない。
    ⑤新しい中韓関係の展開により米韓関係が波乱含みとなってきた。
    ■朝鮮半島では南北のみによる通常兵器による戦争勃発がありうつ。その対処を日本は考えておく必要がある。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

拓殖大学客員教授

「2016年 『なぜ韓国外交は日本に敗れたのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

なぜ韓国外交は日本に敗れたのか 激変する東アジアの国家勢力図 (PHP新書)のその他の作品

武貞秀士の作品

ツイートする