秘密 10―トップ・シークレット (ジェッツコミックス)

著者 :
  • 白泉社
4.22
  • (85)
  • (87)
  • (37)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 686
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・マンガ (287ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592145400

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あきらかになっていく過去。おもしろいけど、実は、はじめの頃の方が好きかな。
    しかし、初期から、このあたりの話って、ちゃんと仕込んであったんですよねぇ。
    まさか、こんな大きな話になるとは!!

  • 青木は相変わらず薪さんを盲愛状態なんですね。
    あぁ無情な…。痛々しすぎます。

  • どんどん怖い方向に続いていますが、過去の事件とか収集して最終回に向かっているかと思うと、ドキドキしながら寂しいです。
    それから、まさかの婚約解消だけれど、薪サンが原因とくれば当然の流れ。そっちのお話もどうなっていくのか楽しみです。

  • 謎は謎を呼びいよいよ主人公が犯人に見えてきたけど、もちろんミスリードだろうと思いつつ次巻を待つ

  • 一話完結だった最初の頃が懐かしい。。。それで十分楽しめたので、最近の巻は読み終わってもモヤモヤ、モヤモヤ。
    でも続きが気になるのでやっぱりやめられない。

    雪子さんの「一緒に戦いたかった」に共感。
    強い女の人は大好きです。
    そして薪さん、大好きです。

  • 髱呈惠縺ッ閨門ュ舌&繧薙→蛻・繧後?∵サ晄イ「縺ッ閭。謨」閾ュ縺上?∫ャャ荵晏?驛ィ繧ゅ◎縺ョ莉悶b繧ョ繧ッ繧キ繝」繧ッ縺励▲縺ア縺ェ縺励↑縺ェ縺九?√→縺?→縺?蓑縺悟、ァ縺阪↑莠倶サカ繧定オキ縺薙☆縲

  • 青木に起きた悲劇。薪の決断。まさに息もつかせない展開。美しい薪さん(男)をめぐる謎の数々、次巻で明らかになるのかしら…!?

  • この話まだ続くのか。
    てか、完結までずっとこの話かな?
    滝沢さんのニセモノが不気味すぎる件。
    そして、薪は青木に決定的なダメージを与えてしまいましたが、この先どうなるのでしょうか。
    次の巻が順番回ってくるまで結構かかりそうなので、忘れそう。

  • 過去のあれこれが明らかになっていく。滝沢が本当になんなのか、イライラする。
    青木、どうなってしまうんだろう。

  • こんなに思い合っているのに

全56件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

清水 玲子(しみず れいこ)
1963年兵庫県生まれ、熊本県熊本市育ちの漫画家。1982年、『フォクシー・フォックス』で「第9回ララまんがハイ・スクール(LMHS)」佳作受賞。1983年、『LaLa』掲載の『三叉路物語(ストーリー)』でデビュー。
2002年『輝夜姫』で第47回小学館漫画賞受賞。2011年『秘密 ―トップ・シークレット―』で第15回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞。同作は2016年に生田斗真・岡田将生主演で映画化された。

秘密 10―トップ・シークレット (ジェッツコミックス)のその他の作品

清水玲子の作品

秘密 10―トップ・シークレット (ジェッツコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする