人生と親友になれる生き方

制作 : Dorothy L.Nolte  石井 千春 
  • 扶桑社
3.56
  • (2)
  • (5)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594042134

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 手軽で読みやすい本でした。自分の行動や行為のひとつひとつを丁寧にかつ、思考することの重要さを感じました。

  • サクサク読めるから、こういうのが好きな学生さんとかにお薦めできそうな本。
    私のヒットは第三章の「言いたいことは本当は別のところにある」と言う箇所。
    わかるわかる!

  • 詩が好きだった。
    内容も、元気がもらえた気がする。
    具体例が多くてよかった。

  • 最初に書いてある詩にドッキリ。その詩一行一行が小見出しとなって、この本は展開していくのですが、忘れちゃいけない大切な事がある。身につけたい。

  • 自分の気持ちや要望をはっきりさせるのは大切ですが、それをそのまま相手に押し付けたらどうなるでしょうか。ああしろ、こうしろと要求するだけでは、嫌がられてしまいます。
     ただ「こうしたい」と要求するのではなく、そのためにはどうしたらよいか、具体的な話をしましょう(自分の気持ちや考えを整理してあれば、もうわかっているはずですね)。
     何ができるか。選択肢はなるべく多くして、相手の意見も聞きましょう、いっしょに考える姿勢が大切です、自分の考えを通そうとして強く出るよりも、相手を立てて譲歩したほうが話はまとまりやすいのものです。「与えよ、そうすれば与えられる」。この聖書の言葉は、人との話し合いにも当てはまるのです。





    「後悔先に立たず」と言いますが、失敗したときは、なるべく早く気持ちを切り替えたいものです。終わってしまったことを帰ることはできません。過去にこだわっていてもしかたありません。今後どうしたらいいか、未来に目を向けましょう。
     失敗の原因を考えることは大事です。でも、自分をせめてはいけません。失敗したのは自分の性格や能力のせいだと決め付けてしまわないようにしましょう。そうではなく、具体的にどのような行動に問題があったのか、それを省みることです。そうすれば、今後は違う行動取ることができます。
     失敗を通して、自分の本当の気持ちや目的がみえてくるときがあります。失敗は、私たちににさまざまなことを教えてくれるのです。失敗を悔やむのではなく、失敗から学ぶ。それが大切なのです。






    よいコミュニケーションは、人と人との架け橋になり、心の絆を生みます。以下によいコミュニケーションについてまとめてみましょう。

    ・楽しい会話はことばのキャッチボールから。自分の話ばかりしてはいけません。
    ・私たちは、話を聞いてもらえると、わかってもらえたと感じます。
    ・聞き上手の人は、誰からも好かれます。
    ・相手の話を無視するのは良くないことです。話を聞けないときは、そう伝えましょう
    ・誤解があったときは素直に謝りましょう
    ・「人生相談」は、時と場合を考えて。唐突な打ち明け話は迷惑です
    ・相手を分かってあげれば、ことらもわかってもらえます。・コミュニケーションはギブアンドテイクなのです。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
松下 幸之助
サン=テグジュペ...
ジェームズ アレ...
デイル ドーテン
ロンダ・バーン
スペンサー ジョ...
小山 龍介
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする