絆―父・田中角栄の熱い手

著者 :
  • 扶桑社
2.75
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784594046675

作品紹介・あらすじ

日本がまだ希望を持てた時代。父と息子は互いを認め合いながら、この国のために、そして自分のために、戦っていた。破格の情熱と行動であの頃の日本を激動させた田中角栄が、愛する長男に見せた意外な素顔の数々。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 田中角栄の教えは家でも歪みなかったのだな
    他の本で見かける言葉は外向けかと邪推もしていたが
    家でも同じように教育していると分かり安心した

    あまり角栄の話は出てこないが
    それでも興味深く面白く読ませて頂いた
    つまらないと思うことはなかった

  • 首相を務め、かのロッキード事件で退陣を強いられた田名角栄。その角栄と東京は神楽坂の芸者:辻和子との間に誕生した実子:田中京。その京氏自らによる父:角栄の回想録。神楽坂の別邸での角栄の姿や、和やかな親子・家族のスナップ写真も紹介されている。

  • どうもぴんとこない男性。

全3件中 1 - 3件を表示

田中京の作品

絆―父・田中角栄の熱い手はこんな本です

ツイートする