• Amazon.co.jp ・本 (411ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784596808172

作品紹介・あらすじ

『真夏のサンタクロース』-南半球のクリスマスを三歳半になる息子サミュエルに見せるため、シャンテルはオーストラリアに帰郷した。母が催したパーティに息子と出席した彼女は、ギリシア人男性ディミトリと再会する。彼こそサミュエルの父親なのだが、その事実をシャンテルは告げていなかった。息子に向けられたディミトリの目に怒りが宿るのを見て、彼女は息をのんだ。『空から降る奇跡』-サヴァンナは、大おばから由緒あるリゾート・ホテルを遺贈されたのを機に、バーモント州へ引っ越してきた。そこへ、見知らぬ男性トレイスが訪ねてくる。トレイスは大おばとは長年の友人で、死期の迫った大おばから、今年のクリスマスは必ずホテルで過ごすように言われたのだという。突然現れた魅力的な男性に、サヴァンナはある提案を持ちかけた。『始まりはラストダンス』-田舎町の診療所で看護師として働くララ。今年のクリスマスにはドクターの息子ニックが帰ってくるという。七年前のイブの日に、ダンスパーティでニックに恋した彼女は、次の日からダイエットに励んだ。今はもう太った未熟な女の子ではないわたしを、彼はどう思ってくれるかしら。ララは期待に胸を高鳴らせる。だが現実はあまりに残酷なものだった。『幸せを呼ぶ王子』-教師のクリスティンは、両親を亡くしたショックで視力を失った姪のソニアを引き取り、育てていた。クリスマス間近のある日、広告のモデルに選ばれたのが縁で、ソニアが北欧の美しい国フリージアの王宮に招待された。クリスティンも同行し、謁見の席で二人は王子エリックに出会う。クリスティンは叶わぬ恋と知りつつも、ひと目で彼に心を奪われた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「真夏のサンタクロース」★2
    いつものビアンチン。
    ヒロイン母のお節介が若干鬱陶しかった。

    「空から降る奇跡」★4
    愛を知らないというヒーローだけどヒロインやヒロイン娘に対する態度が素敵で心暖まる話。
    大おばのお相手ネイトの二人を愛する気持ちはちょっと自分には理解できなかったけど。

    「始まりがラストダンス」★3.5
    ヒロインの片思いが可愛らしくてキュンキュンした。
    短編ではなくじっくりエピローグまで読みたい作品。

    「幸せを呼ぶ王子」★2.5
    あらすじを読んだ時は面白そうだったけど、実際読んでみるとヒロインの姪っ子がメインであまりヒロインとヒーローのロマンスを感じられなかったのが残念。

全1件中 1 - 1件を表示

ヘレンビアンチンの作品

恋と魔法の季節―クリスマス・ストーリー2004 四つの愛の物語を本棚に登録しているひと

ツイートする