アマルティア・センの思想

  • みすず書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784622089698

作品紹介・あらすじ

「なぜセンが政治の現実の追求にそれほど熱心ではないのかに関する重要なヒントは、ケイパビリティと機能という言語そのものによって作り出された難読化にあるのかもしれない」
いまや「正義」について語る際には避けて通ることのできない経済学者・哲学者となったアマルティア・セン。彼はその広大な思想で何を壊し、何を作り上げようとしてきたのだろうか? 本書は「選択」「ケイパビリティ」「自由」「正義」「デモクラシー」の5つのテーマに沿ってそのエッセンスを抽出するものである。
センの想定する〈自由で独立したマスメディア〉とはどのように実現できるのか? 〈実効的な力としての自由〉とはどのような政治体で可能なのか? 著者はこれまで経済学や現代正義論の文脈で語られてきたセンの思想を、政治理論の文脈で捉えなおし、政治的リアリズムの視点から批判的考察を交えて解説する。
今後も学問領域を超越し、さまざまな角度から言及されるであろうアマルティア・センの思想を俯瞰できる、気鋭の政治学者による最良の入門書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 潜在的な可能性ってどこにあるのか。どうやって測るのか。
    健康寿命とかQALYとか医学的な領域ならまだ定量的に見られる気がするけど、QOLなんかはもう怪しいしケイパビリティに至ってはもう意味が分からない。
    そのあたりもう少し知りたかったけど、(知識不足で)理解できなかった。残念。

    同じ行為でも、強制的な決定なのか、自分で決められるのかで全く違う評価になる。なので、個々人が選択できる社会、選択肢があることを理解できている社会、選択を妨げない枠組みを作らにゃならん、てことで良い?

    素人には難しすぎた。

  • 331.1||Ha

  • 東2法経図・6F開架:331.1A/H26a//K

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1972年、南アフリカ共和国ダーバン生まれ。ケンブリッジ大学で博士号を取得後、現在はウィットワーテルスランド大学政治学部教授、ケンブリッジ大学政治学国際学部教授。専門は政治理論。著書にThe Political Philosophy of Needs (Cambridge University Press 2003), Freedom is Power: Liberty Through Political Representation (Cambridge University Press 2014), Are South Africans Free? (Bloomsbury 2014), Amartya Sen (Polity Press, Cambridge, 2019) 〔『アマルティア・センの思想』神島裕子訳、みすず書房〕ほか。

「2021年 『アマルティア・センの思想』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神島裕子の作品

ツイートする
×