ミシェル・フーコーの歴史的「批判」:カントと対話するフーコー (名古屋市立大学人間文化研究叢書 8)

著者 :
  • ミネルヴァ書房
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784623091515

作品紹介・あらすじ

本書は、フーコーの『カントの人間学』を詳細に検討することによって、フーコーがカントの経験化された批判哲学を見出していたこと明らかにし、そこから出発してフーコーの試みを解釈した。従来のフーコー研究は、フーコーの試みを前期・中期・後期に分割して議論されてきたが、本書はそのような立場ではなく、フーコーの批判的考察に着目し、思考の道程を解明することで、西洋哲学史におけるフーコーの位置づけを再検討した。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

2021年3月現在
名古屋市立大学人間文化研究科博士研究員

「2021年 『ミシェル・フーコーの歴史的「批判」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする
×