月曜日の朝からやる気になる働き方

著者 :
  • かんき出版
3.24
  • (1)
  • (5)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784761265670

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 伊那食品工業
    川端胃腸病院
    沖縄教育出版
    美容院バグジー
    優しさと思いやりのある組織が強い。
    相手に関心を持つ。
    先輩が見本を見せていく好循環

  • 27.6.25 平易な言葉で分かりやすく書かれていて、納得しながら読み終えることができた。今まで歩んできた職業人生を振り返ることができた。10年前に読んでおきたかったと思えるような内容であった。

  • 寒天の会社の話が載ってた。
    他の本にも、紹介されてたかもしれないが
    また、読むとじーんと、くる。

    49年増収増益。
    会社は、社員の幸せのためにある。
    そのために永続する。
    人を責めない。
    協力して働く。
    そんなの当たり前じゃん、
    なのかもしれないが
    それって、簡単なようで難しい。
    数字、効率、株主、お客様は大事。
    その前に社員が、幸せだってとこも
    大事だよね。

    自分はプラスの存在か
    マイナスの存在か?!
    自分がいるときしか、その場の空気は
    わからない。
    いない時の空気ってどうなのか?
    そうだよな、確かに。
    この人が入ってくると
    ピリッとする。空気がしまる。
    ピリピリする。こわばる。
    あの人だと、柔らかくなる。
    明るくなる、和む、あたたかくなる
    ホッとする、話しかけたくなる。
    いろいろあるね、

    はて、自分はどうなのかな。
    わかってないから
    ちと、こわいね。

  • 面白いタイトルに惹かれて手に取った。惰性で仕事に行くのではなく、自分を磨く場であることとか、困難に対しても要領の腕を磨くこと、仕事のスキルアップなどなど、プラス思考になる方法がたくさん提示されていてよかった。人間関係においても、まるでゲーム感覚でクリアしていくかの発想が面白かった。

全5件中 1 - 5件を表示

大久保寛司の作品

ツイートする