カリスマヘッドハンターが教える のぼりつめる男課長どまりの男

著者 :
  • サンマーク出版
2.83
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784763136367

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カリスマヘッドハンターが教える のぼりつめる男課長どまりの男
    2017/10/6 著:森本千賀子

    のぼりつめていく人、圧倒的に仕事ができる人というのは、次の2つを必ず持っている。
    ①仕事のセンスがいい ②人として、気持ちがいい
    本書は、そのなんだかよくわからない仕事のセンスまたなんだか、感じがいい人とやらを解明していく本である。

    構成は以下の3章から成る。
    ①のぼりつめる男は、ねらいをもって効率化する
    ②のぼりつめる男は、ちょうどいい気配りができる
    ③のぼりつめる男は、こうして相手の心をつかむ

    何をみても出来る人とそうでない人の差というには大きな違いはないのかもしれない。少しの差がいくつも重なって大きくなっているように見える。そしてその些細な事も積みあがっていき習慣にしていくことによってその差はどんどんと広がっていく。

    本書に書いていることは100%正解ではないかもしれないが間違いでないことは明白である。
    学ぶできことは多い。その一つをとっても頷けることも多い。多くのケースに取り入れるよりはその背景になる人の気持ちと次への影響をしっかり見据えて理解することで応用は十分にきくと思われる。

  • 【No.200】「どのみちすることであれば、少しでも早く実行したほうが価値が高まる」「同じ行動でも、起こすタイミングによって相手に与えるインパクトが変わり、価値が大きく変わる」「二者択一ではなく双方のいいとこどりで物事を考えている」「人間はどうしても忘れてしまうもの。それを自覚している人は、心を動かされた出来事や言葉を形に残し、何度でもたち戻れるようにしています。そうして決意や覚悟を保ち、結果、目指す目標に到達する」「プレゼントは値段が高ければいいというものではなく、想像力を働かせて、相手の好みや気持ちをくみ取ることが大切」「ちゃんと自分に投資しないと、自分の価値は高まらない。当然、お客様への価値も提供できないわよ」

  • おーなんじゃこの中身のない本は。こんな本出す方が逆レピュテーションなんでは?

  • 転職エージェントとして一般誌のコラムも書く森本千賀子女史の一冊。仕事における一挙手一投足が対比で描かれており分かりやすい。また、冒頭の課長の約半分が部長にはなれない(100名〜1000名未満において)はデータ提示は中々刺激的。以下めも。
    (1)内線番号表をメモする。組織図からコア事業を見抜き、商談の中で相手の課題やニーズを掴みやすくする。
    (2)のみちすることであれば、少しでも早く実行した方が価値が高まる。
    (3)上り詰める人は自分をよく見せようとするプライドの代わりに人に気安く教えを請う度量の様なものを感じる。
    (4)上り詰める人は周囲を観察し些細な縁も自ら率先して結びに行く。
    (5)日常の中で気の利いたプレゼントが出来るのも上り詰める男に見られる特徴です。値段ではなく私たちのために一駅先まで行く手間をかけてくれたんだ。という思いがテンションの高いありがとうございます!に繋がっているのです。
    (6)上り詰める男達はお店に行く前に会計の事まで指示をしている。
    (7)妻や夫との関係が、そのまま部下や同僚の関係にも反映されている。

全4件中 1 - 4件を表示

カリスマヘッドハンターが教える のぼりつめる男課長どまりの男のその他の作品

森本千賀子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする