お金持ちは2度「カネ」を生かす!―「消費」がそのまま「資産」に変わるお金の使い方 (リュウ・ブックス アステ新書)

著者 :
  • 経済界
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766710922

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お金持ちの行動パターンが少し理解できた。
    住む家はあえて賃貸する。
    リースにすればいつも新しいのが使える。経費計上OK。
    相続税削減のために子を留学させる。
    最低ラインを上げる。大学は東大だけ。当たり前のラインが高い。
    金持ちはケンカしない。
    金持ちは金持ちオーラがあるので金持ちとしか付き合わない。

  • いいお金の使い方とは?

    →お金を使わないよりどうやってお金を使うかが重要
    すぐに結果を求める人ほどお金が貯まらない
    お金持ちになれない原因ほ、いまの生活を普通と思ってしまう低い基準点にある
    そして、物分かりのよさがあるため、お金になるためには、周囲から冷ややかな目で見られようとも自分の信じる道や方法を貫く愚直さが必要

  • 言ってることは悪くないのだが新鮮味がなく得るものがない。

  • @0218283836

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

FP事務所フライフ・アレンジメント(http://flyfe.net)代表。
CFP®、FP技能士1級、1級企業年金総合プランナー(DCプランナー)、教育資金アドバイザー。
著書に『リスクとリターンがよくわかる 図解・投資のカラクリ』(小社)、『親が亡くなったあとで困る相続・遺言50』(総合法令出版)、『お金持ちは2度「カネ」を生かす!』(経済界)、『貯金のできる人できない人』(毎日コミュニケーションズ)、『30歳でヤバくなる年金対策』(ディー・アート)他多数。
投資教育等のセミナー講師、保険の見直しや相続相談等を行なっている。

「2013年 『投資は、投資信託だけでいい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小山信康の作品

ツイートする