禁欲と改善―近代資本主義形成の精神的支柱 (神奈川大学経済貿易研究叢書)

著者 :
  • 晃洋書房
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 1
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784771028142

作品紹介・あらすじ

イギリス企業家たちの職業倫理の形成と不断の改善を促した精神的支柱を歴史的に考察。近代資本主義についてのヴェーバー「倫理」テーゼを歴史学の視座から批判し、産業革命時代のイギリス資本主義形成期の企業家の「禁欲的職業倫理」「革新的企業家精神」そして「産業的啓蒙」という3本の精神的支柱を読み解く。

著者プロフィール

山本通(やまもと・とおる)
1946年生まれ。一橋大学経済学部卒業、一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位修得、満期退学、博士(社会学)。神奈川大学名誉教授。著書に『禁欲と改善』(晃洋書房)『近代英国実業家たちの世界』(同文舘)など。

「2022年 『新版 魔女狩りの社会史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本通の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×