シングルファーザーも恋をする (セシル文庫)

著者 :
制作 : 砂河 深紅 
  • コスミック出版
3.33
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774723952

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 末長くラブしラブしてほしい。にしても、匠哉末恐ろしい!月影先生風に言うと「匠哉、恐ろしい子」って感じ。将来楽しみでもある。匠哉の10年後が読みたい!

  • 惜しい作品。
    悲しいくらい、惜しい。
    残念でしかたない。
    途中までは良い作品だったのに、後半から急降下。

    156ページ・遊園地に行くシーンから作品のノリや質が一点。おかしくなってしまった…本当に残念。

    甥っ子が「実は腹黒天才児」という要素は必要なかった。その後の展開も甥っ子関連で引っぱり、主人公の会社が倒産しそうという作品最大の危機も、救った立役者は甥っ子。終いには甥っ子は作中に登場した九条財閥の跡取りになり、主要キャラ皆九条財閥に住むことになるというメチャクチャなラスト。
    読者置き去り。完全に作者が一人で壁キャッチボール。

    途中までの御曹司と健気青年の恋愛はとてもよかったのに。
    せっかく、建築業界のことを細かく書いて、リアリティもあったのに、作者の「暴走」のせいで、リアリティ無くなって台無し。
    恋愛描写もおざなり。セックスシーンのあっけなさ、つまらなさは笑えるくらいだった。二人が結ばれることよりも、甥っ子が台風の目になった暴走ストーリーがメインになってしまった。

    この作者さん、良い担当さんがついてテコ入れしてくれれば、いい作品が書けると思う。文章力も低くないし。ただ作者さん単独で書くか、作者さんにまかせる担当さんだと、こんなふうに途中から破綻して暴走した作品をこれからも世に出してしまうかもしれない。現時点では。

  • 高校中退の建材会社営業マン・佐藤(受)×建設会社オーナー一族の建築士・宇崎(攻)のカップルのお話です。
    佐藤は子持ち(甥っこを育てている)で、子供を含めて、宇崎は引き受けようとしますが、この子供がIQが高く・・・
    子育てものっぽいところもあります。
    全体的にほんわかした雰囲気の作品でした。

  •  22歳の佐藤は、唯一の肉親だった姉夫婦の忘れ形見を引き取り、働きながら必死に育てていた。
     見た目は大学生のような佐藤だったが、中身はすっかり甥っ子のママでパパだった。
     堅実に勤め日々を暮らし、色恋沙汰には目もくれず突っ走ってきた佐藤。
     そんな佐藤が営業をかけた先は、佐藤の勤める中小の建材会社では普通は見向きもされないような大手の建設会社・宇崎建設。
     そこでは「ラビットハウス」という日本の生活や風土に合わせたこだわりの家が作られていて、それに惚れ込んだ佐藤は、その家にぜひ、自社製品を使って欲しいと売り込みにいったのだった。
     出てきたラビットハウスをデザインした宇崎は、容姿端麗で超一流の仕事をする男。
     佐藤なんて門前払いを食らわしてもおかしくないはずなのに、しっかり話を聞いてくれ、商品を使うことを検討してくれるという。
     ところが、その商談の際についうっかり漏らした佐藤の一言から、佐藤は宇崎の見合いを女装して破談にすることを頼まれるが……!?

     という話でした。
     個人的には、この作者さんはかなり「好き好き大好き~!」系のテンション高めの小説を書く人だと認識していたので、この話の最初の方の落ち着きが、なんだかキャラに合わないことをして、かなり無理をしているように感じられて、違和感を覚えてたんですが。
     後半に差し掛かるほど、実はおとなしいだけだと思っていた甥っ子である八歳児が、かなりはちゃめちゃな性格をしていたり。
     最後のオチが、「ええ!?」というものであったり。
     やっぱり、この作者さんの作品だなー……という感じで、最後はちょっとすっきりしました。

     肝心の二人の恋愛はゆっくりペースで進むので。
     取り囲む人々の、ぶっ飛んでる具合まで楽しめる方にはオススメの話です。軽めかな?

全4件中 1 - 4件を表示

シングルファーザーも恋をする (セシル文庫)のその他の作品

日向唯稀の作品

ツイートする