嘘とホープ (ショコラ文庫)

制作 : 御景椿 
  • 心交社 (2017年2月10日発売)
3.89
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778121433

嘘とホープ (ショコラ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お仕事BL、お仕事パートが面白かった〜!
    赤面萌えなので、赤面しまくりかと思ったら要所ピンポイントで赤面もまた良しですなー
    対等な立場で一緒に働いて信頼を築いて、徐々に変化していく関係がとても良かった

  • 積本崩し。ハウスメーカー勤務の設計課・高崎×営業課・野上。中学の同級生の再会愛。ひのもとさんの攻って基本的に性格に問題ありな奴が多いんですよね。もちろん今回も色々と思う部分があったけど、これまで読んできた攻よりはマイルドに感じたw もうちょっと大人になろうねと思う事は度々あったし、攻も受も仕事に影響及ぼすのはいかんけどわりと楽しく読めた。

  • ハウスメーカーの設計士×営業と、しっかり働いてる受け攻めで、好感度高し。受けの野上に気がある資産家の兼田がよい働きをしていて、ストーリーを引っ掻き回します。ま、ラスト、攻めの高崎の利己的な態度にグッタリしていたけれど(苦笑)。自己主張が激しくて周りをまったく気にしない高崎が、少しづつ野上の粘り強さに応えていくあたり、お仕事BLとしては最高だと思います! 高崎の、野上に対する思いがただの執着なのかラブなのかは判然としないけど、読み応えは十分。

  • リーマン設計の高崎×ゲイ営業の野上。仕事で育む再会愛。面白かった。当て馬の兼田が30代でこの余裕とは凄い。そんな彼がゾッコンになる相手と出会う救済スピン希望。

全4件中 1 - 4件を表示

嘘とホープ (ショコラ文庫)のその他の作品

ひのもとうみの作品

嘘とホープ (ショコラ文庫)はこんな本です

ツイートする