家事セラピスト、はじめました (家事塾)

制作 : 辰巳 渚  家事塾 
  • 彩流社
2.89
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 20
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784779110887

作品紹介・あらすじ

★「家のコトは生きるコト」を理念として、さまざまな事業を展開して注目を集める辰巳渚率いる家事塾。その認定資格「家事セラピスト」の活動内容を紹介していきます。
★元祖「片づけ」のカリスマが、家・事に潜む巨大なマーケットや「生き方」の問題を具体的に取り上げます。
★「いい家」は設計や建材の問題だけでなく、住まい方の問題です。家事塾では、「片づけセラピー」、「新築家事セラピー」、「リフォーム家事セラピー」を実践中です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 家事についてなにか得られる本かと思ったら、家事セラピストとはなんぞやというまあ、一種の宣伝の本やった。
    家を建てるとかリフォームするとかの時に、こういう制度を使うのもありやなあとは思ったけど、それだけのこと。

  • 捨てる技術の辰巳渚さんの家事塾なるものの活動内容が書かれています。
    とにかく処分しましょう的なものではなく、本人が納得し自ら動き出すようなもっていき方が自由な感じで良かったです。
    ずっと気になっていた場所を私もやっと手をつけ始めました。

    楽しくて仕方ないです(笑)

  • 辰巳渚さんの家事の本?と思ったら、「家事セラピスト」という資格の話だった。家事セラピスト、という存在は面白いと思うけど、本としては、よくわからんかった。

  • 家事セラピスト って なんだぁ?

    と 思いつつ

    家事セラピーの事例研究 を読み
    実習生やクライアントの感想 を読み
    家事塾講座の報告 を読み

    すでに 7割がた読み終わっているのに
    ちっとも疑問は消えず
    なんちゅうことのない内容に
    どんどん この本の価値に赤信号が点滅

    これで終わっていれば このレビューはなかった

    が 最後の方の たった4ページ (p.102-105)
    辰巳渚 『家事セラピストは生き方を整える仕事』
    に こう書いてあった
    「家事セラピストは答えを出さない、何もしないのが仕事
    家事がうまくできないのは テクニックでは解決しない
    テクニックでは満足する結果が得られない
    なぜなら 不満の根っこは家族関係にあるから」

    な~るほど。
    だから くどいように 家のイメージを描かせたりしてたのね
    片付けテクニック人の私としては
    場所を考えて チャッチャと片付えちゃえばいいのに・・
    なんて イラついてたけど。

    この4ページが最初にあれば、もっと楽しく読めたのにな・・

全6件中 1 - 6件を表示
ツイートする