モダン・アート論再考

著者 :
  • 思文閣出版
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784784211883

作品紹介・あらすじ

本書は、ある一つのテーマに沿って執筆された、始まりと展開、結論を持った論文ではない。筆者が最初に論文を公にした一九八三年以来、今日まで二十年間に執筆してきた論文の中から十六篇を選んだ論文集である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【資料ID: 1117008373】 702.06-N 14
    http://opac.lib.saga-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BA67182393

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

京都工芸繊維大学准教授。博士(文学・京都大学)。
『モダン・アート論再考─制作の論理から』思文閣出版、二〇〇四年;『セザンヌ受容の研究』中央公論美術出版、二〇〇七年;『セザンヌ─近代絵画の父、とは何か?』(共著、永井隆則編)三元社、二〇一九年。

「2020年 『ピカソと人類の美術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永井隆則の作品

モダン・アート論再考を本棚に登録しているひと

ツイートする
×