〈つながり〉の戦後史 尺別炭砿閉山とその後のドキュメント

  • 青弓社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784787234773

作品紹介・あらすじ

炭鉱から生まれた「縁」は、ヤマの誕生から閉山、そして現在まで、人々をどう支え続けてきたのか。

1970年に閉山した北海道・尺別炭砿のコミュニティの生活実態を、職場・家族・学校・地域の「縁」をキーワードに掘り起こす。そのうえで、閉山、地域社会の消滅、約4,000人の半強制的な移動という衝撃的なプロセスを活写する。

そして、全国に散った人々が各地に定着していったありよう、同郷団体を結成していまも交流する様子、当時子どもだった者が抱える「故郷喪失」の思いなど、いまに続く「つながり」も照らし出す。

生活者の視点から炭鉱の閉山とその後を捉え直し、戦後史に位置づける社会学の成果。

目次
はじめに 嶋﨑尚子

第1章 「縁」の集積からみる炭鉱コミュニティ――狙い 木村至聖
第2章 尺別炭砿――戦後の歩み 嶋﨑尚子

第1部 炭鉱コミュニティでの「縁」の集積――尺別の戦後史

第3章 炭鉱労働での「職縁」――〈つながり〉と信頼 嶋﨑尚子
第4章 炭鉱家族の「血縁」――〈つながり〉と暮らし 嶋﨑尚子
第5章 炭鉱の学校と「学縁」――子どもたちの〈つながり〉 笠原良太
第6章 炭鉱コミュニティの「地縁」――〈つながり〉の多層性 新藤 慶

第2部 炭鉱閉山と「縁」の離散――1970年2月

第7章 尺別炭砿の閉山と地域崩壊――閉山ドキュメント 笠原良太
第8章 閉山後の再就職――離散からの再出発 畑山直子
第9章 尺別からの転出――「縁」を活用した再就職と移動 嶋﨑尚子

第3部 炭鉱の「縁」の展開――故郷喪失からの50年

第10章 「地縁」のゆくえ――同郷団体にみる新たな〈つながり〉 新藤 慶
第11章 「学縁」の展開――閉山時高校生・中学生の50年 笠原良太
第12章 継承される炭鉱の「縁」と文化 木村至聖

おわりに 新藤 慶

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ◆1/28オンライン企画「わたしの“モヤモヤ”大解剖―わがまま論・つながり論を切り口に―」で紹介されています。
    https://www.youtube.com/watch?v=GTaAW7pHRII
    本の詳細
    https://www.seikyusha.co.jp/bd/isbn/9784787234773/

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1963年、東京都生まれ。早稲田大学文学学術院教授。専攻はライフコース社会学、家族社会学。共編著に『炭鉱と「日本の奇跡」』(青弓社)、『太平洋炭砿』上・下(釧路市教育委員会)、『現代家族の構造と変容』(東京大学出版会)、共著に『近代社会と人生経験』(放送大学教育振興会)、『労働・職場調査ガイドブック』(中央経済社)など。

「2020年 『〈つながり〉の戦後史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

嶋﨑尚子の作品

〈つながり〉の戦後史 尺別炭砿閉山とその後のドキュメントを本棚に登録しているひと

ツイートする
×