義槍鬼九郎

著者 :
  • 叢文社
3.42
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (746ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794705600

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦国ものの平塚為広という人を主人公とした小説です。大谷さん関係は結構あっても平塚さんメインというのは無かったので平塚さんに興味がある方、大谷刑部好きな方にお勧めです。主に平塚さんですが、大谷さん、竹中さんあたりがちょこちょこ出てきます。結構分厚くページもあるので読み応えもあります。アマゾンでも買えますが、直接出版社のページに行っても買えますし、歴史ものが好きならマイナーな本が集まってますよ。

  • 平塚為広の一生。
    とってもジャイアン、ですが一本気で強くて熱い為広さんと、彼をとりまくひとたち(大谷主従)のほえましい描写があったりして良いです。
    最後の関ヶ原でブワッ…

  • カテゴリは「その他」だけど多分「豊臣」に入るはず。<br>
    <br>
    平塚為広さんのお話。半兵衛とか大谷さんとかとの友情が熱い男・平九郎!<br>
    あまりのかっこよさに関ヶ原で涙する。

全3件中 1 - 3件を表示

朝霧圭梧の作品

ツイートする