溺愛王子の育て方 (ガッシュ文庫)

制作 : サマミヤ アカザ 
  • 海王社
3.11
  • (0)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 44
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796403870

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小さい時に両親が亡くなりまだ若い叔父が引き取って育てるパターン。
    甘やかされて、ワガママ暴君(特に叔父さんにだけ)に。
    最後は二人だけの世界で、周りが置いてきぼりに収束できてなくて終わってるけど、いいのか?

  • とりあえずサマミヤさん挿し絵のバーバラさん作品ということで読みました
    受けは可愛かったけど、ツンデレというよりワガママな気が…?
    ただ受けの生い立ちとトラウマを考えれば許せなくはないです
    それにしても口悪いですがww

    受けがたまに落ち込んだり、見当違いな方向に突っ走るところは可愛くて良かったです

  • ちびっこ弱虫ツンツン受♪
    心とは裏腹の悪態をつく陸に萌えましたw
    叔父と甥、だけどモウマンタイ♪
    哲也と陸の生活がこれからもずっと続くのかと思うと、頬が緩みますw

  • 小さなギャングって言葉がとっても可愛い!(笑)ぶっ殺すだとか言葉遣いがきたないんだけど、それも小さなギャングって感じで面白かったwこういうわかりやすいツンデレもたまに読むと楽しい。

  • ツンツン受けはあまり好きじゃないんだけど最後にデレてくれたのですっきりして☆4つ

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

0

「2016年 『家に帰って一人で泣くわね』 で使われていた紹介文から引用しています。」

バーバラ片桐の作品

ツイートする